飲食店の厨房機器をリースで揃えるには?

飲食店を開業するための厨房機器は、リースして揃えるのがおすすめ

飲食店を開業したくても、厨房機器を購入するには莫大な初期費用がかかってしまうため、資金準備に時間がかかり思うように進められないこともあるでしょう。

そこで、初期費用を抑えるために検討してもらいたいのが、厨房機器をリースで揃えるということです。

厨房機器をリースで揃えるメリット

厨房機器をリースで揃える1番のメリットは、初期費用を抑えることができることです。

どんな飲食店を開くかによりますが、たいていは厨房機器を買い揃えるとなると大きな費用がかかります。しかし、リースであれば費用は月々の支払のみで機器を揃えることができるため、最初に大きな費用を用意する必要がありません。

銀行等から融資を受けたり自己資金をあらかじめ用意したりという、開店資金の準備に苦労することもありません。

また初期費用をリースによって抑えられるため、自己資金を圧迫しないですむので開業後に資金運営で困るリスクも下げられます。開業後に資金に困らなくなれば、営業もスムーズになります。

リースの支払いは管理しやすい

リース後は月々の利用料金が発生しますが、定額なためコスト管理がしやすくなります。

また、リースの費用は経費として計算することができ、固定資産や保険料といった手続きもリース会社が行ってくれるため、さまざまな手間も省くことができます。

さらに、不要になった際はリース会社に返却するだけなので処分費用がかかりませんし、故障やトラブルがあった際もアフターサービスを受けることができます。

リースにデメリットはあるのか?

毎月の利用料金が発生してしまい、最終的には購入金額よりも高額となってしまうのがリースのデメリットです。

これは一般のローンと同じ考えです。欲しいものを早く手にするためにローンを利用するわけですが、支払いを終えた後には一括購入より高額となってしまうのです。

ただし、リースも計画的に利用すれば、決して高額となることがそのまま損に繋がるとは限りません。リースには最低限の契約期間がありますが、契約期間中にお店の経営が著しく難しくならない限りは負担となることはありません。

デメリットを加味した上でも、リースは飲食店を開業する際には非常に有利です。しかしそれは、リース契約期間以上を十分に営業できる計画性と自信があっての話ということは忘れないでおきましょう。

お店のビジョンは完璧であっても開業資金を用意できないとお悩みの方は、リースを利用して賢く開店の準備をしていきましょう。

⇒ 厨房機器(新品・中古・リース)の無料見積りはこちら

内装デザインの事例・お客様の声・見積書の事例

担当者

最新の見積り依頼

  • 2018年10月23日
    東京都港区 オフィス
  • 2018年10月23日
    大阪府吹田市 ヨガ
  • 2018年10月22日
    福岡県福岡市 カフェ
  • 2018年10月22日
    群馬県藤岡市 カレー屋
  • 2018年10月21日
    東京都小平市 整骨院
  • 2018年10月21日
    兵庫県神戸市 歯科医院
  • 2018年10月21日
    東京都千代田区 物販店
  • 2018年10月21日
    東京都豊島区 美容室
  • 2018年10月20日
    埼玉県坂戸市 美容室
  • 2018年10月19日
    原宿・埼玉 アパレル
  • 2018年10月19日
    兵庫県高砂市 居酒屋
  • 2018年10月18日
    東京都新宿区 スタジオ
  • 2018年10月18日
    東京都千代田区 オフィス
  • 2018年10月17日
    東京都渋谷区 バー
  • 2018年10月17日
    東京都港区 キャバクラ
  • 2018年10月17日
    東京都台東区 ラーメン屋
  • 2018年10月16日
    大阪府枚方市 日本料理

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ