飲食店に風量計算が必要な理由とは?

飲食店には厨房が欠かせませんが、厨房はしっかり換気して、空気を入れ替えることが大切です。特に飲食店では、風量計算をしっかり行わないと、厨房内だけでなく、客席にも不具合が出てしまいます。

効率よく換気するには、どのくらい熱量が出て、どのような使い方をするかを元にして、風量計算を行う必要があります。では、どのように風量計算をすればよいのか?そもそも、なぜ風量計算が必要なのでしょうか?

風量計算とは?

風量計算とは、その店舗に合ったダクトや換気扇を選ぶために、厨房から出る熱量を計算し、必要な換気量を計算することです。

自宅で料理をする場合は少しの熱量しか出ませんが、飲食店の厨房で調理をする場合には、それなりの熱量が発生します。熱量の大きさに合わせたダクトや換気扇を選ぶためには、必ず風量計算が必要なのです。

建築基準法における計算方法は、理論廃ガス量によって必要換気量を求める方法が採用されていて、「V=NKQ」という計算式で必要換気量を求めます。計算式に当てはまる数値は以下のとおりです。

  • V:必要換気量
  • N:レンジフードの形状や寸法による定数(20,30,40)
  • K:理論廃ガス量(0.93)
  • Q:発熱量または燃料消費量

Nの定数がフードの種類によって変化しますが、このように必要換気量を計算します。法律で求められている基準をクリアして、厨房に必要な換気量を確保できれば、快適な店内を作ることができます。

風量計算をしないデメリット

風量計算をしなくても、大丈夫だろうと思う方もいるでしょう。難しい計算をしなくても、ある程度のダクトや換気扇を付けておけば、厨房が暑くなったり、煙で一杯になることはないと思うかもしれません。

しかし、風量計算をせずに厨房の内装工事をしたり、厨房機器を購入したりしてしまうと、以下のようなデメリットが生じる可能性があります。

  • 換気量が不足して、空気が悪くなる。
  • 冷暖房効率が落ちて、光熱費が高くなる。
  • ファンの耐久性が落ちて、壊れやすくなる。

空気の流れは目には見えないものですが、見えないものだからこそ、しっかりとした計算が必要になります。十分に換気されないと、店内の空気が悪くなるので、息苦しくなってしまうこともあります。

換気量が必要以上でも、必要以下でも、どちらの場合も冷暖房が過剰に働くため、光熱費が高くなってしまいます。これらはすぐに表れる弊害ではありませんが、長い目で見れば賢い選択とは言えません。

風量計算はどうしたら良い?

では、これらの注意点を踏まえて、風量計算はどのようにすれば良いでしょうか?その答えは簡単で、開業の際に予算をケチらず、設備工事に対してしっかりお金をかけることです。

たとえば、風量計算した結果、必要なダクトや換気扇が自分が思っているものよりも高額だったとします。果たして、この場合でもしっかりとお金をかけられるでしょうか?

ダクトや換気扇は、飲食店の設備の中ではあまり目立たないものですが、従業員だけでなく、お客様が食事をする客席にも影響します。風量計算を行えば、上記のようなデメリットを避け、快適な空間を提供できます。

飲食店の施工実績がたくさんある内装業者であれば、その業種に合った内装デザインを提案してくれるだけでなく、その業種に合ったダクトや換気設備も提案してくれます。

飲食店をオープンする方は経営者であって、工事の専門家ではありません。しっかり風量計算された快適なお店を作るには、飲食店の施工経験が多い、プロの内装業者に相談することが一番の近道です。

まとめ

必要な換気量を計算する風量計算が、いかに大事かということがお分かりいただけたでしょうか?設備を長持ちさせるためにも、お客様が満足できる環境を作るためにも、風量計算は大切なのです。

換気、空気という目に見えない部分ではありますが、予算をケチらず、しっかりダクトや換気の工事を行って、お客様とスタッフにとって快適なお店を作りましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ