飲食店のガス工事で注意すべきポイント

飲食店を開業するにはガス工事は欠かす事のできない工事であり、決して軽く考えてはいけません。現在のお店を改装する場合でも、新たに開業する場合でも、ガス工事には十分な注意が必要です。

こちらの記事を参考にして、事前に注意すべきポイントを押さえておきましょう。

ガス容量には特に注意が必要

日常生活を送っているとさほど気にならないガス容量ですが、飲食店の経営となれば話は別です。

新たに飲食店を開業する場合、テナントとして入居する場合は特に注意が必要です。入居するビルや建物が、元々飲食店でない場合は、ガス容量が不足している可能性が高いです。

それならガス容量を増やせば良いと思う方も多いでしょうが、簡単にガス容量を増やせない場合も多いのです。

立地によっては地域との兼ね合いで、すんなり工事の許可が下りないこともあり、許可が下りたとしても追加で工事費用がかかってしまいます。

テナントとして入居する場合でも、居抜き物件を利用する場合でも、事前に内装業者とガス容量について相談しておきましょう。

業種によってガスの号数が違う

飲食店のガス工事では、業種によって扱うガスの号数が違うため、ガスの号数に関する知識が必要となってきます。理想のお店を作るために覚えておきましょう。

まず小料理屋や寿司屋、バーにカフェなどはほとんどの場合6号です。これよりガスの使用量が増える居酒屋や洋食店、うどん屋や蕎麦屋などの和食店は10号に上がります。

人気の業種であるイタリアンやフレンチ、ラーメン屋は16号、そして中華料理店は規模に応じて16号以上が必要になる場合もあります。

  • 小料理屋・寿司屋・バー・カフェ:6号
  • 居酒屋・洋食店・うどん屋・蕎麦屋:10号
  • イタリアン・フレンチ・ラーメン屋:16号
  • 中華料理店:16号以上(規模による)

一見すると不要な知識にも思えますが、開業を希望している業種とガス容量が合わない場合、ガス管の引き直しが必要になってしまいます。

ガスは6号が必要なのに3号だった、しかもガス容量の増設工事ができないという事態になれば、せっかく物件を契約して内装工事などの準備を進めても、その物件で営業できなくなってしまします。

明確なビジョンを伝えること

内装業者にぼんやりとしたイメージを伝えると、上記のように失敗する可能性があります。物件の設備が自分のやりたいお店に合っているか、物件を契約する前に内装業者に確認しましょう。

途中で物件を探し直すことになれば、二度手間になるだけでなく、最悪の場合、物件の取得費用が無駄になる可能性もあります。ガス容量などの設備面のスペックを確認してから、物件を契約しましょう。

ガス容量やガスの号数は日常的には気にしない部分でも、飲食店を経営者するとなれば大きく変わります。こうした新たな知識をどんどん取り入れていきましょう。

ガス容量の不足は、飲食店のガス工事でよくあるトラブルです。営業したい飲食店の業種、取り扱うメニューやコンセプトを内装業者にしっかり伝え、それに合った物件を探しましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ