飲食店の電気工事費用を安くするポイント

飲食店で絶対にはずせない要素である電気工事ですが、どうしても工事費用が高くつくため、少しでも安く抑えたいですよね。

電気工事をできるだけ安く済ませたい方のために、飲食店の電気工事費用を安くするポイントをご紹介します。

話を聞いてくれる業者に依頼する

1つ目のポイントから物々しい内容ですが、意外と大切なポイントです。自分のイメージを伝え、それをしっかり聞いてくれる業者を選ぶことが、電気工事を安くすることにつながります。

話半分に業者が独断で工事を行った場合、予想外の費用がかかったり、高額な見積りになる可能性もあります。また話を聞いてくれない業者の場合、イメージと違うお店ができ上がるケースが多いです。

話を聞かない業者を選んでしまった場合は、多少工事期間が長くなったとしても、別の業者を探した方が安く済みます。

電気設備の種類はかなり大切

時代をさかのぼると、昭和の時代には単相2線式配線がよく使われていました。単相2線式配線とは100Vのみ利用可能なタイプで、改装工事や居抜き物件を考えている方は注意が必要です。

単相2線式配線は現在の電気設備と違い、基本料金が高く設定されている場合もあり、電気代が高くなってしまいます。

電気工事のみ依頼する場合は、内装業者より、工務店やリフォーム会社に依頼する方が安くなります。契約電力と電圧のバランスについてのアドバイスも聞けるため、総合的に安く済みます。

安く済ませたいなら居抜き物件

新規の開業を考えている人向けですが、電気工事の費用を安く済ませたいのであれば、やはり居抜き物件を選ぶことです。

スケルトン物件に手を加える場合は、理想的な店舗デザインは可能ですがその分費用がかかります。対して、居抜き物件であり、なおかつ営業したい飲食店と同業種であれば、かなり安く済みます。

ただし古い居抜き物件の場合は、上記のように電気設備に対しては注意が必要です。もし電気設備に問題がないようであれば、電気工事に対する費用はほぼかからないといって良いでしょう。

上記は細かい知識ですが、こうした知識が積み重なって費用が安くなります。開業に向けて動くと何かと忙しくなりますが、少しでも多くの知識を取り入れて、工事費用を安く抑えましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ