飲食店のグリストラップのサイズと設置場所

飲食店にグリストラップを設置するときに、どれくらいのサイズのものをどこに設置したら良いのか判断に迷うこともあるでしょう。

グリストラップは意外と地味な設備ですが、下水道法などの法律遵守の観点からも大切な設備ですので、よく理解しておくようにしましょう。

グリストラップのサイズについて

グリストラップ自体の設置を求める法律が無いために、お店の規模によってどの程度のグリストラップを設置しなさいといった基準はありません。

しかし、グリストラップのメーカーに問い合わせれば、店舗の面積とお店の想定利用人数から最適なサイズのグリストラップを選ぶことができます。最近では、メーカーのサイトから簡単に調べることもできますので探してみましょう。

同じ規模の飲食店でも、中華料理店かカフェかによっても設置すべきグリストラップのサイズは変わってきますので、営業する業態にも注意しましょう。

グリストラップの設置場所について

グリストラップは、いろいろな場所に設置することができます。

例えば、一般的なのは厨房の中に設置するケースです。厨房の中に設置する場合は、床の中に埋め込み式で、底が深くない浅型のグリストラップを、厨房の動線が崩されないような場所に設置します。

他にも、お店の外の厨房裏などに設置する屋外型もあります。これは1階の店舗でよくあるパターンで、排水経路上に設置することがあります。

屋外に設置するのは大型のグリストラップが多く、大量の油脂による臭いが問題となるので外が設置場所としてよく選ばれます。

グリストラップの素材について

グリストラップにはいろいろな種類があり、大きさだけでは無く素材も違っています。例えば、FRP製のものやステンレス製のものがあり、それぞれに特徴があります。

FRP製のものは軽くて強度の高い素材で、清掃がしやすく腐食に強いという性質があります。一方、ステンレス製はさびに強く、メンテナンスもしやすく見た目も美しい状態を長く保つことができます。

これらの素材のデメリットはほとんどありませんが、強いて言うのであればステンレス製は腐食が始まってしまうと清掃が大変なことです。

FRP製は腐食がほとんどありませんが、お店を閉めたりグリストラップを交換したりして今までのものを廃棄するときに、廃棄処理にお金がかかるということです。

飲食店には不可欠なグリストラップですが、グリストラップのサイズや設置場所、素材なども検討して、自分のお店に最適なものを設置しましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・見積書の事例

担当者

最新の見積り依頼

  • 2018年6月20日
    東京都武蔵野市 美容室
  • 2018年6月20日
    京都府京都市 レストラン
  • 2018年6月20日
    東京都千代田区 カフェバー
  • 2018年6月19日
    東京都渋谷区 バー
  • 2018年6月19日
    愛知県豊田市 接骨院
  • 2018年6月19日
    東京都港区 クラブ
  • 2018年6月19日
    東京都港区 オフィス
  • 2018年6月19日
    東京都中央区 空調工事
  • 2018年6月18日
    全国(未定) フィットネス
  • 2018年6月18日
    東京都品川区 ダクト工事
  • 2018年6月18日
    京都府京都市 焼肉屋
  • 2018年6月18日
    大阪府堺市 美容室
  • 2018年6月18日
    東京都大田区 テイクアウト
  • 2018年6月18日
    東京都(未定) 着物レンタル
  • 2018年6月18日
    千葉県野田市 サロン2店舗
  • 2018年6月16日
    神奈川県藤沢市 カット専門店
  • 2018年6月16日
    群馬県太田市 スナック

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ