飲食店の内装で適切な動線を確保する方法

テナントを借りて飲食店の内装工事を行うにあたり、まず考えたいのが、どのような客層をターゲットにするかという点です。

家族連れや子連れのママさんをメインターゲットにするなら開放的で明るい空間を演出し、若い人やカップルをメインターゲットにするなら間接照明やインテリアでおしゃれな空間を演出しましょう。

キッチンの動線

お店のメインターゲットを絞る事で、自然とお店のコンセプトが決まり、内装の方針も決まってきます。

飲食店の内装工事を行う場合、まず考えたいのは、キッチンでどの程度効率よく動く事ができるかという点です。表には見えない場所ですが、来店するお客様に提供する料理を作るキッチンは飲食店の要とも言える場所です。

キッチンが上手く機能しないと、料理を提供するのが遅くなったり、料理のクオリティーが下がるなどの弊害を抱えてしまう可能性もありますので、内装工事の際には熟考を重ねましょう。

特に大型の調理器具は、一度配置してしまうと移動させるのは困難なため、何度もシミュレートして動線を確認する事をおすすめします。

ホールの動線

しかし動線を意識しなければならないのは、キッチンだけではありません。お客様が飲食するホールでも、適切な動線を意識する必要があります。

ホールはあくまでお客様が優先となる場。そしてテーブルや椅子が並んでいるため、ゆったりとした移動スペースはあまり作れません。

そんな中でスタッフが両手にトレイを持ってスムーズに移動するのは、実はなかなか困難です。どのようなレイアウトにすれば動線が確保しやすいのかをよく考えましょう。

適切な動線が確保されていると、自然と来店客も「このお店はゆったりとしていて居心地が良い」と感じるため、リピーターになりやすくなります。リピーターを作る事は、飲食店を経営する上で非常に重要です。

動線を確保した上で、テーブルとテーブルの間隔にも配慮する必要があります。隣のテーブルと距離が近いと、何となくプライベートな話しがしにくいですし、お隣の会話も自然と耳に入ってしまうため居心地が悪いです。

どんなに美味しいお料理を提供していても、動線が悪く、ごみごみとしていると、ゆっくりできません。そのようなお店には、何度も足を運ぼうとは思えなくなってしまいます。

そんな事態を回避するためにも、しっかりとした動線をとり、テーブルとテーブルの間に適切なスペースを空けるようにしましょう。ご飯が美味しくて居心地の良い空間には、自然と人が集まってくるものです。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ