飲食店の開業で銀行融資を受ける際のコツ

飲食店を開業する時に、絶対に必要になるものは開業資金です。飲食店の開業を考えている方であれば、資金の問題は誰もが悩むところです。

数ある融資の中で、銀行融資を考えている方も多いと思いますので、今回は銀行融資にスポットを当てて見ていきましょう。

地方銀行や信用金庫の制度融資

保証協会付きの制度融資というものがあり、多くの業界で利用されている制度なので、単語を聞いたことがある方はいらっしゃるかもしれません。実はこの制度には、落とし穴があります。

それは融資までのスピードが遅く、開業の際に利用する場合は注意が必要だという点です。必要な書類を準備する手間がかかり、審査結果が出るまでに2ヶ月もかかる場合もあります。

保証協会付きの制度融資=2か月は見ておく

地方銀行や信用金庫の融資を考えている方は、この審査にかかる期間をしっかりと覚えておきましょう。

銀行融資を受ける際のポイント

銀行からの融資を受ける際は、特に2種類の項目が重視されます。1つ目は、自己資金をどれくらい用意できるか、どれくらい融資が必要かという点です。

しかし最も大切なのは2つ目で、開業する飲食店の事業計画書です。事業計画書は立地条件に始まり、見込めるお客様の数、さらにメニューや想定する客単価などをまとめる必要があります。

「だいたいこれくらいの売上になると思うから、500万円を融資してほしい」というように、そんな甘い事業計画を持参して交渉をしても、どの銀行も融資してくれません。

銀行に具体的な数字を示すためには、まず実現可能な売上目標を立て、その売上目標の7割から8割でも銀行への返済ができるように、必要な経費や収支を計算することがポイントです。

  1. 実現可能な売上目標を立てる
  2. 売上目標の7割から8割で返済計画を組む

現実的な売上目標を立てていて、しっかりと返済のことを考えていて、計画から見ても返済の見込みがあると思ってもらえれば、銀行も融資に対して積極的になってくれるでしょう。

充実した事業計画書を添える

銀行で融資を受ける際に、ただ融資の申込用紙に記入するだけでは、融資を受けられる可能性は限りなく低いです。

上記の内容を満たした、返済計画までしっかりと記載された事業計画書を作成し、一緒に提出することが重要です。相手に言われてから出すのと、自分から率先して出すのでは、相手の印象はかなり違います。

事業計画書には、経営者としての理念や自己紹介なども記載し、開業する飲食店のコンセプトや方針も記載しましょう。考えているメニューや金額、その飲食店に対する熱意も伝えたいですね。

  • 事業計画書には、理念や自己紹介を記載
  • 事業計画書には、お店のコンセプトを記載
  • 事業計画書には、メニューや金額を記載
  • 事業計画書には、熱意や想いを記載
  • 相手に言われる前に、自分から率先して出す

融資担当者はただ数字を見ているのではなく、開業する方の熱意や人柄を見るとともに、計画の実現性や具体性を見ています。本番での武器に変えられるように、事前にしっかりと準備しましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<東京・神奈川・千葉・埼玉に対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 内装工事の費用を月々の支払いにできます。
  • 厨房機器や備品が初期費用0円で揃います。
  • 運転資金を多く残して、安全に起業できます。

0円起業の無料相談

内装デザインの事例・お客様の声・人気の記事

担当者

野村 晃正

セキュリティ対策

当サイトの接続は、Secure Coreによって保護されています。


無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ