飲食店の内装費用を安く抑えるテクニック

飲食店にかかる内装工事費用の相場は、開業資金の約半分が一般的とされています。もちろんあくまで目安なので、相場より安く抑えようと思えば方法はいくつもあります。

そのうちの基本的なテクニックを紹介してみましょう。

厨房機器は中古やリースで用意する

内装工事費用のうち、大きな金額を占めるのが厨房機器です。

本格的な調理を行うお店や、専門の調理機器が必要なお店で新品を用意するとなると、あっという間に予算をオーバーして、その他の内装にかけるお金がなくなってしまいます。

厨房機器にお金がかかりすぎるときは、中古やリースを利用して費用を抑えましょう。中古であれば当然新品より安く購入できますが、安さを重視し過ぎず、状態の良い物を選ぶのがポイントです。

リースは月々の費用こそかかってしまいますが、初期投資を実質ゼロに抑えることができます。厨房機器の工夫次第で、内装工事にかかる費用は大幅に抑えることができます。

自分でできる内装工事はDIYする

でき上がった棚を買うよりも、自分で材木を用意してDIYしたほうが圧倒的に安上りなのと同じように、内装工事も自分でやってしまったほうが安上りです。

もちろん素人の腕前ではプロの施工には敵いませんので、自分のDIYスキルに応じて、できる範囲の内装工事を自分でやるのがポイントです。

たとえば、壁を塗ったり、看板を作ったり、床を張ったり、業者にお願いする工事が少なくなればなるほど費用を抑えることができます。

自分で作業をすると費用を抑えられるだけでなく、手作りの温もりを演出できる点もメリットになります。

複数の業者から見積りを取る

餅は餅屋というように、内装工事も内装業者に任せるのが一番です。

いくら節約のためにDIYすると良いといっても、プロの手には絶対に敵いません。費用を安く抑えたいとしても、頼るべきところではプロに頼ってください。

ただしプロにお願いする際には、必ず複数の内装業者を検討しましょう。内装業者はたくさんありますが、技術も金額も一定ではありません。

業者が不得意とする内装をお願いすると費用が高くなり、逆に業者が得意とする内装をお願いすれば安くなることもあります。複数の業者に見積りを依頼して、その中から理想的な業者を選びましょう。

他にも費用を安く抑えるには、そもそもの物件取得にかかる費用を安く抑えたり、居抜き物件を利用したりする方法もあります。

上記のテクニックを基本としつつ、自分でできる節約方法も探して工夫してみましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ