飲食店の内装工事にかける予算の目安は?

美味しい料理を提供できる腕を磨くことはもちろんですが、お客様が居心地よく食事ができる内装に仕上げることも飲食店には重要です。

しかし内装にこだわるにしても、予算というものがあるでしょう。一般的に飲食店の内装工事費用にはどれくらい充てるべきなのか、予算の目安を確認してみましょう。

開業資金の約半分が予算の目安

どのような物件で、どれくらいの規模のお店にするのか、またどんなジャンルの飲食店を始めるのかなど、条件によって内装工事にかかる金額は大きく変化します。

そのため具体的な予算の目安を示すことはできませんが、開業資金の合計の約半分が、内装工事にかける予算の目安になります。

たとえば、500万円で飲食店を開こうとしたら、半分の250万円まで内装工事費用として使うことができます。

250万円もあれば十分かと思いきや、そこから厨房器具なども購入しないといけないため、予算ギリギリいっぱい、あるいは費用を節約しなければ収まらない可能性もあり得ます。

飲食店の内装工事には、予想以上にお金がかかるものと覚えておきましょう。

予算が多く必要になる飲食店は?

一般的に内装工事の費用が高くなる飲食店は、高額な厨房機器が必要な業種です。

和洋中に限らず本格的な調理を行う飲食店では、様々な厨房機器が必要となるため費用が多くかかります。パン屋のように専用機器が必要な飲食店も、予算が多く必要になります。

内装工事の費用を抑えるために厨房機器を中古で購入したり、リースを利用することも検討しましょう。厨房機器の費用が抑えられれば、飲食スペースの内装工事にお金を回せます。

予算が少なくて済む飲食店は?

軽食を提供するカフェや喫茶店などの軽飲食タイプは、上記の飲食店と比べて厨房機器にはそれほどお金がかかりません。

軽飲食なら飲食スペースと厨房スペースを統合しやすく、レストランなどの重飲食ほど厨房スペースをきっちり作る必要がないため、全体の工事費用も抑えやすいです。

また軽飲食には大きな火力も不要ないので、空調や換気に関する工事費用も抑えられます。

目安である開業資金の約半分よりも大きく内装工事費用を削減することもできますし、厨房の工事費用が少ない分、その予算を飲食スペースの内装工事に使うこともできます。

飲食店の内装工事費用は、開業資金の約半分を予算の目安として、それを超えるようなら半分に抑えるように工夫しましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ