飲食店の新装・改装にかかる内装工事費用

飲食店を開業するときに、内装工事費用がどれくらいかかるのか気になりますよね。飲食店の内装工事には多くの要素が関係するため、他のお店と比べることが難しく、なかなか相場が分かりにくいです。

飲食店の内装工事費用は、どれくらいを想定したら良いのかをご説明します。

新装で開業するケース

新しい物件を借りたり、購入したりして飲食店を開業するケースでは、内装工事費用はどれくらいかかるのでしょうか?

日本の都市部の相場は、1坪あたり40万円前後と考えておけば良いでしょう。この費用の5割前後が水回りや電気工事、そしてガスの設備工事に費やされます。

飲食店の内装工事費用は、物件の坪数によって変わることがあります。たとえば、5坪のお店と15坪のお店では、かかる内装工事費用に大きな違いは出ません。

ですから、この程度の違いだと15坪のお店の方が坪単価は安くなります。これは20坪や30坪の物件でも言えることで、飲食店の設備工事は、物件が広くなればなるほど坪単価は下がっていきます。

改装で開業するケース

居抜き物件と呼ばれる、以前に飲食業をやっていた物件を借りて飲食店を開業するケースでは、内装工事費用はどれくらいかかるのでしょうか?

改装で開業する場合は、もちろん新装で開業するケースよりも安くなり、1坪あたり20万円を想定しておけば良いでしょう。

ただし、以前のテナントが業種の違うお店だった場合は、厨房機器などの配置を換える必要が出てくるかもしれません。そうすると水道やガスの配管の位置を変更したり、ダクトの位置を調整したりする必要が出てきます。

こういった場合はプラスアルファの費用がかかりますので、改装で開業する場合はそのメリットを最大限に活かすためにも、元々あった設備やレイアウトを活かせるプランを作りましょう。

内装工事費用におけるポイント

内装工事費用が、予想外に高くなってしまうケースも覚えておきましょう。それは改装で開業する際によくあるパターンですが、元々ある設備を使うことができず、電気やガスの容量をアップしないといけない場合です。

さらに現地を見たものの、図面を略式図面だけチェックして契約してしまい、後から設備の思わぬ調整が必要になるという場合も同様です。

思わぬ費用の増加を防ぐためにも、まず最初に正式図面を確認し、事前に電気とガスの容量を細かくチェックするようにしましょう。

新装で開業するにしても、改装で開業するにしても、事前の準備をしっかりしておくことで、内装工事費用を予算内に納めることができるでしょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装デザインの事例・お客様の声・見積書の事例

担当者

最新の見積り依頼

  • 2018年6月20日
    東京都武蔵野市 美容室
  • 2018年6月20日
    京都府京都市 レストラン
  • 2018年6月20日
    東京都千代田区 カフェバー
  • 2018年6月19日
    東京都渋谷区 バー
  • 2018年6月19日
    愛知県豊田市 接骨院
  • 2018年6月19日
    東京都港区 クラブ
  • 2018年6月19日
    東京都港区 オフィス
  • 2018年6月19日
    東京都中央区 空調工事
  • 2018年6月18日
    全国(未定) フィットネス
  • 2018年6月18日
    東京都品川区 ダクト工事
  • 2018年6月18日
    京都府京都市 焼肉屋
  • 2018年6月18日
    大阪府堺市 美容室
  • 2018年6月18日
    東京都大田区 テイクアウト
  • 2018年6月18日
    東京都(未定) 着物レンタル
  • 2018年6月18日
    千葉県野田市 サロン2店舗
  • 2018年6月16日
    神奈川県藤沢市 カット専門店
  • 2018年6月16日
    群馬県太田市 スナック

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ