飲食店で使えるおしゃれな備品の選び方

飲食店で使用するおしゃれな備品の選び方や用意する方法

飲食店をおしゃれに演出するなら、アクセントとなる備品へのこだわりも欠かせません。どんなに内装工事をバッチリこだわったとしても、備品が内装に合わないイマイチなものだと台無しになりかねません。

お店の雰囲気をおしゃれにするために用意しておきたい備品や、その選び方を考えてみましょう。

内装を損なわない材質やデザイン

おしゃれにはセンスが求められますし、そのお店に合った適切なものを選ばなければいけないため、自分でよく考えて備品を選ばなければいけません。

それは難しいと思われる方もいるとは思いますが、備品の統一感を大切にして選べば、そこまで難しいことではありません。

まずは材質に統一を持たせてみましょう。たとえばお店の内装が木で揃っていたとしたら、木の材質の備品など、優しさやぬくもりを感じるようなアイテムに揃えると統一感が生まれます。

大人の雰囲気や夜のお酒のムードであれば、金属のような冷たい質感の備品が合います。スタイリッシュなイメージのお店に可愛いアイテムは似合いません。

内装から感じるイメージを損なわない材質やデザインを選択しましょう。

備品の色を増やし過ぎない

色が多いほど賑やかなイメージになりますが、やりすぎは危険です。

内装には基調色があって、そこに備品がいろんな色を合わせていく形になりますが、基本的にはお店のメインとなる色は「3色」になるように抑えるのが無難です。

飲食店の1番の目的は食事や落ち着いた時間を楽しむことですが、にぎやかすぎる雰囲気のお店は落ち着きにくいものです。色の数を抑えると、自然と落ち着いた空間となります。

ただし落ち着き過ぎたお店は面白くなくなりすぎてしまうので、絵画や花、看板、ポスターなどの小物で演出しても良いでしょう。

物の置き過ぎには要注意

おしゃれなセンスでお店作りができる人であっても、備品にこだわりすぎて、たくさん置き過ぎてしまわないように注意してください。

注意したい理由は2つあり、1つ目の理由はスペースを圧迫してしまうことです。テーブルに物を置き過ぎると食事の邪魔となってしまいます。

飲食スペースを飾りすぎて、席数が少なくなってしまえば混みやすくなりますし、お店の回転が悪くなって売り上げも落ちかねません。

2つ目の理由は掃除が大変になるためです。飲食店は清潔であることも欠かせないポイントです。

店内の備品が多いほど汚れる物が多くなるので、掃除が大変になってしまいます。営業に悪影響とならない程度のこだわりに抑えましょう。

おしゃれのセンスは大変難しいものです。もし自身がなければ、備品の用意まですべてを内装業者や備品を扱う業者など、プロのアドバイスにお任せることも考えてみましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

飲食店(店舗)内装工事見積もり比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ