飲食店の開業の際に揃えるべき備品とは?

飲食店を開業するには、どんな備品を揃えておく必要があるの?

飲食店は内装を整えるだけではオープンできません。設備や備品も揃える必要がありますが、開業の際にどんな備品をどれくらい揃えておくべきかという判断は、意外と難しいものです。

そこで、膨大な備品の中から、最低限の揃えるべきものを紹介してみましょう。

調理用品は必要なだけすべて揃える

飲食店の扱うメニューに応じて、調理に必要となる備品は当然ながら異なりますが、調理に必要となるものであれば絶対に欠かせません。

具体的なアイテムでいえば、鍋類やボウル、包丁などです。作りたい料理に必要となる備品は決してケチらず、すべて十分に取り揃えるようにしましょう。

調理品類が不足したまま開業してしまうと、料理の質が低下したり、提供時間がかかってしまったりして、営業をスムーズに行えなくなる恐れがあります。

備品の品質は必要に応じたグレードで十分ですが、鍋類はアルミやステンレスなど材質によって特色が異なるので、希望に合ったものを選択しましょう。

ボウルなどの容器はそれほどこだわる必要はなく、予算を抑えたければ100円ショップのものでも十分活用できるでしょう。

食器類は必要なサイズと量を揃える

食器類は料理を提供するためには欠かせないものですから、これも必要な量を大小様々に揃えるようにしましょう。

器の大きさは提供する料理の量に合わせて、適切なサイズを揃えることが重要で、色や模様も料理の見た目を左右するのでデザインにもこだわりましょう。

コップ類も、ソフトドリンク、アルコールなど、ジャンルに合わせたものを取り揃えて使いまわしの無いようにしましょう。

食器類の量についてですが、これは接客席の約3倍は用意しておくとお店の回転が速くなったときでも安心です。

割れて数が減ってしまうこともあるので、さらに余裕を持たせておいても構いませんが、収納スペースの少ないお店では荷物になりかねないので、置きすぎも良くありません。

小物や清掃用品も忘れずに揃える

その他の備品にも欠かせない物がたくさんあります。

たとえば消耗品類で、お客様に提供するナプキンやおしぼり、メニュー、名刺、看板など、お店を宣伝するだけでなくお店の雰囲気も演出するために、これらの小物へのこだわりも重要となります。

汚れ物も出る仕事ですから、清掃用品も不可欠です。ほうきやモップ、ちりとり、ふきんなど身の周りを清掃するものをはじめ、食器類を洗う洗剤やスポンジも必要です。

備品はあればあるほど越したことはありませんが、多すぎれば邪魔になりますし、予算を圧迫してしまいます。自分のお店に何がどれだけ必要なのかを考えて、過剰にならない程度に揃えましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)

店舗内装工事の見積もりを無料で比較

内装デザイン事例・お客様の声・見積書・提案事例

担当者

最新の見積り依頼

  • 2019年12月6日
    神奈川県川崎市 買取店
  • 2019年12月6日
    広島県福山市 オフィス
  • 2019年12月6日
    東京都足立区 整骨院
  • 2019年12月6日
    東京都調布市 美容室
  • 2019年12月6日
    東京都中央区 中国料理
  • 2019年12月6日
    愛知県名古屋市 整骨院
  • 2019年12月6日
    大阪府堺市 デイサービス
  • 2019年12月6日
    東京都千代田区 バー
  • 2019年12月5日
    東京都杉並区 テイクアウト
  • 2019年12月5日
    千葉県松戸市 居酒屋
  • 2019年12月5日
    東京都新宿区 美容室
  • 2019年12月5日
    東京都大田区 英会話
  • 2019年12月5日
    福岡県福岡市 ラーメン屋
  • 2019年12月5日
    東京都港区 バー
  • 2019年12月5日
    大阪府大阪市 オフィス
  • 2019年12月4日
    佐賀県佐賀市 バー
  • 2019年12月4日
    東京都港区 アパレル
  • 2019年12月4日
    大阪府高槻市 クリニック
  • 2019年12月4日
    東京都港区 原状回復
  • 2019年12月3日
    東京都板橋区 整骨院

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ