厨房機器のお得な入手方法

厨房機器は、お店の工事を依頼した内装工事業者に、工事と一緒に注文するのが一般的ですが、内装工事業者を経由しないで厨房機器を手に入れる方法もあります。

おわかりの通り、「インターネット」経由で購入すればいいのです。

厨房機器のお得な入手方法

【 インターネット販売 】

最初の方法は、「インターネット販売」の活用です。

中間マージンを排除したインターネット販売は、内装工事業者を経由するより、確実に安く厨房機器を手に入れることが出来ます。

インターネットには厨房機器を販売するサイトがたくさんありますので、「厨房機器 販売」で検索すれば、いくらでも探すことができます。

【 中古の活用 】

もう一つの方法は、「中古」の活用です。改装や転廃業の多い飲食業では、中古市場が活性化しています。

厨房機器や設備機器はもちろん、調理器具や食器にいたるまで、ありとあらゆるモノが中古として出回っており、こちらもインターネットで簡単に探すことができます。

厨房機器なら「厨房機器 中古」と検索すれば、いくらでも販売サイトが見つかります。

作業台やシンクなどの板金モノに関しては、ちょっと傷がついている程度では何の支障もないので、中古でも構いません。また、コンべクションオーブン(コンベックス)や餃子包み器のような特殊で高額な機器は、中古で買うのもありでしょう。

インターネットで購入する際の注意点

【 厨房機器 】

ただし、新品・中古のいずれにしても、インターネット経由で厨房機器を購入する際に注意すべきことがあります。搬入費用とアフターサービスの問題です。

インターネット販売で価格が安い場合の多くは、搬入費が含まれておらず、単純に物の値段だけで、実際に購入すると別途配送料がかかるケースがほとんどです。軒先渡しといって、店の前にポンと置いていかれてしまいます。

それを搬入してきちんと設置するのは内装工事業者になりますが、設置費用が別にかかりますので、結局は高い買い物になりかねません。

【 注 意 】

インターネット販売で、自分で厨房機器を購入される場合は、サイズが収まらない、レイアウトに合わないなど、非常にトラブルが多いです。

費用的に可能なら、内装工事業者に任せる方が無難ですし、自分で購入する際も内装工事業者に相談してから購入すべきです。

また、メンテナンスに関しても別途費用になっていたり、業者によってはメンテナンスそのものを販売メーカー任せにして放棄しているところすらあります。

さらに、メーカー保証が新品は通常1年ですが、中古では3ヶ月と短かったり、あるいは付いていなかったりもします。

金額だけを見て安いと錯覚せず、総合的な判断を下す必要があります。

【 設備関係・照明器具 】

例えば、グリストラップや照明器具を、オーナーさんがインターネットで安く購入して内装工事業者に支給すると、メンテナンスや故障時の修理に費用が発生します。

内装工事業者が設備業者から仕入れていれば、何か不都合があってもほとんど無料で対応してもらえます。ですから、設備関係は内装工事業者に任せた方が安全でしょう。

便器をインターネットで買ったとしても、接続部分に指定のビスがあったり、給水バルブが必要になったりします。家庭用とは違うので、簡単には手に入りません。店舗は開店日が決まっていますから、器具の不備で間に合わなかったとなれば目も当てられません。

ですから、インターネットの方が安くなるのは分かっていても、設備業者の見積りでオーナーさんに提示する内装工事業者が多いのです。

そのかわり、納期や搬入の全責任を内装工事業者に負ってもらいます。そうしておけば、例えば開店後にトイレが詰まっても、納入業者を呼んで無料で直してもらえます。ところがオーナーさんが自分で用意したもので、内装工事業者を呼ぶと費用が発生します。

要するに、最初にどう考えておくかです。LED照明と同じで、最初は多少高くても、長期的に見れば安くなります。

開店後に余裕ができたらやろうと考えていると、たいていやらないでそのままになります。開店後にやるとしても、二重工事になって余計に費用がかかります。

設備工事はコストダウンしないで、削るなら内装工事費用を削って、余裕ができたら内装をいじれるようにする方がベターです。

【 海外製の厨房機器 】

また、東南アジア製などの外国製品は安いと思われるかも知れませんが、それは大きな間違いです。厨房機器に関しては、東南アジアは日本国内で使い古された中古の輸出先であり、製品の輸入元にはなっていません。

外国製品の多くはイタリアやドイツなどのヨーロッパ製が中心で、国産よりもかえって割高になる傾向があります。メンテナンス等の費用も国産よりかさみます。

オープンキッチンで厨房機器も含めて見せる演出を施しているなど、よほどデザイン的にこだわりがある場合以外はオススメできません。

厨房機器に関するコストダウンとして有効なのは、リースの活用でしょう。

ほとんどの厨房機器がリース可能ですし、内装工事業者のほとんどが設備機器や厨房機器のリース会社と提携していますから、率直に申し出れば、喜んで紹介してくれます。

自分でリース会社を探しても構いませんが、内装工事業者に頼んでおけばアフターサービスやメンテナンス等の面でも安心です。何より、自分のところで設計しているのですから、店のコンセプトや運営方法に対して、最も相応しい製品を選んでくれることは間違いありません。

どうしても中古の厨房機器でコストダウンを図りたいということであれば、その旨を内装工事業者にきちんと伝えて、内装工事業者経由で中古を探してもらましょう。

新品の場合と中古の場合の両方の見積りを取って、その場限りだけでなく、長期的な視野に立って価格を見比べるのがいいでしょう。

開業資金の融資・リースを受けたい方へ
⇒ 開業資金のご融資支援サービスはこちら

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

見積り提出からデザイン提案まで、すべて無料でご利用いただけます。当サイトが間に入っていますので、業者さんからしつこく営業される心配もありません。

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ