フレンチレストランの店舗内装に使える家具や設備の選び方


近年では住宅において洋風のデザインが定着しましたが、フレンチレストランなど専門店の店造りでは、より本場の雰囲気が感じられる備品などが求められるようになっています。

フレンチレストランの店舗内装に使える家具や設備などは、どのように選べば良いのでしょうか?

具体的なコンセプトを決める

フランス料理のレストランで、店舗内装に使える家具や設備の選び方として、最初にポイントになるのは、どのようなコンセプトのお店にするのかを具体的に決める事です。

フランス料理を出すレストランには、様々な種類の店舗があります。

例えば、高級店のオート・キュイジーヌ、手軽に訪れるビストロやブラッスリー、軽食や洋菓子などを扱うサロン・ド・テ、懐石風などやや和が入り混じったお店、また日本国内特有のフレンチバルなどと多種多様のお店が存在します。

まずはご自身の店舗がどれに該当するのかを定義付ける事から始めて、それに見合う内外装やインテリアから小物類など、おおよその方向性を導き出すと良いでしょう。

インターネット通販を利用する

インターネット通販は普段の生活で用いる必需品だけでなく、店舗内装に使える家具や設備なども多くの種類が販売されていますので、このあたりを見ながら展示例を参考にするのも選び方としておすすめです。

インターネット通販の場合は、すぐにサイトから購入することができますので、忙しい中でも手早く商品探しや商品選びを行なう事ができます。

インターネット通販は、一般の店舗で購入するよりも安価な価格になっていますので、費用を抑えつつ、より多くの種類の中から理想に合うものを選択することができます。

フランス料理に特有の器具

店舗内装に使える家具や設備の選び方として、フレンチの調理で用いられる特有の器具についても、しっかりと押えておく必要があります。

これは他の国の料理でも往々にしてあるもので、例えばすし屋であればネタケース(冷蔵ショーケース)などが必須器具として挙げられるのですが、その一方でフランス料理の場合は、厨房器具としてコールドテーブルが必須とされています。

コールドテーブルは冷製の料理を取り扱う際に、顧客に提供するまでしっかりと温度を保つために必要な器具とされています。

それ以外にも、店舗の形態によって必要になる器具もありますので、見逃さずに細かくチェックしておく必要があります。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

内装工事の見積りから、デザイン提案まで、すべて無料で利用できます。当サイトが間に入りますので、業者さんから営業される心配もありません。

まずは、無料で、飲食店(店舗)の内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくり内装工事について考えてください。

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り・提案します。(現地調査も無料です)

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較


内装工事の施工例・お客様の声・開業資金リース

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ