店舗設備は購入するよりリースがお得


店舗設備を用意する際に、一般的には購入する事を考えるものですが、それ以外の選択肢としてリースする方法もあります。設備を借りた場合には、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

設備導入時の費用を抑える事ができる

店舗設備を用意する際に、設備の種類にもよるのですが、購入のために多くの費用が必要になるもので、初期投資として多額の資金を確保しなければなりません。

その一方で、リースを利用した場合は事情が大きく異なります。

契約に際して初期費用は掛からず、月々一定の費用を支払うだけで済みますので、最初に掛かる費用を抑えられると共に、そこで浮いた資金を他の部分に回すことも可能になるのです。

また、設備を導入した場合は、保険料の支払いや物件廃棄の管理事務などの管理事務負担が生じることもあるのですが、このあたりの負担も軽減できますので、設備を借りた方がお得になるのです。

金利の変動が無い

一般的に店舗設備を用意する際には、金融機関から借り入れを行って費用を賄う事もあるのですが、金融機関ではその時々の情勢により金利が変動します。

金利の変動は、誰もがコントロールできず予測も難しいため、出費が少なからず増えることがあるのです。

その一方で、リースする方がお得な理由として、毎月の支払い額は金利の変動とは全く関係が無い点が挙げられます。

あくまで、契約時に確認した固定金額のみ毎月支払うことになりますので、毎月の支払い額が平準化できて、金利の変動リスクを回避する事ができるのです。

また金融機関から借り入れをしませんので、先々の大きな投資の事を考えて金融機関の借入枠を温存できる点にも大きなメリットがあります。

設備の破損や故障があっても安心できる

さらに、店舗設備を用意する際に、購入ではなくリースする方がお得な理由として挙げられるのは、設備の破損や故障があっても安心な点です。

というのも、こうしたレンタルの設備はいずれも保険に加入していますので、万が一にも設備の破損や故障があっても保険でカバーされる事になり、利用者側に修理や買い替えなどの負担が生じることが無いのです。

ただし、こうした保険には一つ注意すべき点があり、利用者の責任の伴う破損や故障などについては保険の補償の対象外になりますので、ご自身で壊すことが無いよう取り扱いには十分に気をつけましょう。

開業資金リース無料相談はこちら!

飲食店・美容室・オフィス、クリニックなど、どんな店舗・オフィスでも対応可能!年間実績200件以上、開業資金リース無料相談!

店舗を独立開業する時に、悩みのタネとなる初期投資や資金調達。これらの悩みを解決して、あなたの開業をお手伝いします。

  1. 新規創業でも月々払い(リース/クレジット)にすることができる。
  2. 「成功のルール」運転資金をしっかり残す
  3. 「内外装工事・厨房機器・家具・備品・ホームページ・法人設立・OA機器・チラシ・名刺・パンフレット」窓口1つで簡単
  4. 経営・集客のアドバイス、税務・労務・法律の相談ができる顧問のご紹介。

⇒ 開業資金リース無料相談はこちらをクリック


内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ