計画する際に大切なこと

飲食店(店舗)のイメージを長期的にきちんと考えていますか?

飲食店(店舗)の出店に際して、特に考えなければいけないことは以下の4つです。

  1. コンセプトについて
  2. 設備について
  3. メンテナンスについて
  4. 法律について

コンセプトについて

コンセプトのない店舗は、絶対に長続きしません。大まかで構いませんから、どんなお店にするのかを決めておくことは、成功するための基本になります。

何屋さんか分からなくては、デザインもできませんし、そもそもオーナーが何をしたいのか分からないようなお店が成功するはずがありません。

どういう業態で、どういうメニューで、どういうお店を作りたいか。雰囲気やイメージなどの方向性は、オーナーが決めるべきことです。オーナーは、自分自身で運営コンセプトを作らなければいけません。

ただ漠然とやっていたら、商売は必ず失敗します。きちんとコンセプトや方向性を持って、売りにするものを最初に作っている店は上手くいっていますし、長続きしています。

安定した経営を続けるためには、スタートが肝心です。流行や気分に流されることなく、長期的なイメージと信念をもってコンセプトを構築しましょう。

設備について

飲食店(店舗)の内装工事において、設備工事は大きな費用が伴うところですから、細心の注意を払っておく必要があります。ポイントになるのは、「水道管の太さ、電気・ガスなどの容量」です。

開業時はもちろんですが、長期的な視野に立って考えると、将来を見越して設備設計を考えておく必要があります。

新しい客層を呼び込むために、揚げ物をメニューに追加したいがガス容量が足りない。来店客が増えてきたので、席数を増やしてエアコンを増設したいが電気容量が足りない。ということが後で起きると、目も当てられません。

実際、開業後に電気容量やガス容量が足りないというケースは結構多いです。設備容量が足りなければ、電気線やガス管を太くするといった追加工事が必要になり、余分な出費を強いられることになります。

物件の設備容量は、不動産屋や大家さんに聞くか、建築図面があれば内装業者はそこから判断できます。正確な情報を把握し、設備工事には、ある程度の余裕をもって対処しておくことをオススメします。

メンテナンスについて

当たり前の話ですが、お店の営業は毎日続いていきます。その結果、少しずつ内装が傷んでいったり、当初は予測できなかった不具合が生じたりします。

汚れたクロスは張替えれば済みますし、傷んだ家具などは買い換えればいいでしょう。

しかし、デザインに懲りすぎて、交換できない場所に照明器具を設置してしまったり、掃除のできないスペースが生じてしまったりという笑えない話が、実際にはたくさんあります。

飲食店(店舗)は客商売ですから、店内を清潔かつ快適に保っていくのはオーナーの責任ですし、メンテナンスの行き届いていない店には、お客さんは足を運んでくれません。

「いかにメンテナンスが少なくて済む、手間のかからない飲食店(店舗)を作るか」ということを考えておく必要があります。

何十店舗、何百店舗と飲食店(店舗)を手がけてきた内装工事業者には、「効率的かつ経済的にメンテナンスできるノウハウ」が蓄積されています。

オーナーやスタッフが日常の掃除をしっかりやることはもちろんですが、店舗専門の内装工事業者に依頼することで、将来的なメンテナンスが軽減されるということは覚えておいて下さい。

法律について

飲食店(店舗)を開業・営業していくにあたって、建築基準法、消防法など、いくつか守っていかなければならない法律があります。

例えば、ビル内でオープンするなら内装材は不燃のものしか使えない、油を使うお店ではグリストラップを設けなければいけない、などです。

実際には、内装工事業者が法律をクリアしたお店を作ってくれますが、オーナーも知識として知っておくことは大変重要です。

住宅街やマンションに出店して、ニオイに対する苦情を役所から指導されて、対応できずに営業停止になってしまったらどうしますか?

油を使わない業態でもグリストラップを付けておけば、油だけでなくゴミも配水管を流れないので、メンテナンスがしやすく後々の費用も安く済みますよ。

もし廃業する場合も、原状回復や造作譲渡に関する知識を身につけておけば、居抜きで譲ることができるケースも多く、出店にかかった費用の一部を回収できることもあるでしょう。

このように、法律に関しては知らなければ損をし、知っていれば得をすることがたくさんあります。

工事は内装工事業者に任せるにしても、長年営業を続けるための知識として身につけておきましょう。

上記の内容などをきちんと内装工事業者に伝えることで、デザインの良さだけではなく、営業を続けていく上で本当に使いやすい飲食店(店舗)が完成します。

これらのポイントをきちんと伝えないと、見た目は綺麗だけど、日々の営業に不便な飲食店(店舗)になってしまいます。

多くのオーナーが、飲食店(店舗)が完成してから最も後悔するのは、見た目のデザインではなく、営業上の不便やトラブルなのです。

後から、見た目のデザインを綺麗に直すことは簡単です。後で直すことが難しいところにこそ配慮し、末永く快適な営業を続けて下さい。

上記の内容をきちんと取り入れてくださる内装工事業者と、無料・匿名にてご相談いただくことが出来ます。

開業資金の融資・リースを受けたい方へ
⇒ 開業資金のご融資支援サービスはこちら

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

見積り提出からデザイン提案まで、すべて無料でご利用いただけます。当サイトが間に入っていますので、業者さんからしつこく営業される心配もありません。

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ