店舗の内装工事が終わった後のチェックポイント

店舗内装の工事が終わった後は、一刻も早く開業したい所ですが、その前には工事の状況について確認すべき自己チェックポイントがあります。

完成検査の自己チェックポイント

まず店舗内装の工事が完了した後には完成検査のチェックから行ないます。

この完成検査は施主が一人で見てまわるのではなく工事責任者が同伴することになり、現場で工事内容の説明を受けると共に、施主が希望した通りの工事が行なわれたかや問題が生じてないかについて細かめにチェックします。

この時に確認するべきポイントとしては、完成図との比較・開閉部等の動作確認・建材の確認・電源が入るかの確認など主に4つの点が挙げられます。

まず1つ目のポイントは、完成図やパース図などをもとにして、希望した通りの工事が全て完了しているか図面と比較しながら見て回ります。

2つ目のポイントは、新たに設置したドアや窓からクローゼットなどを含む稼動部分が開閉できるか全てを確認しておきます。

続いて3つ目のポイントは、床材やクロスなどを始めとする各所で、あらかじめ指定し建材が使われているかを確認し、加えてクロスであればシワがあったり隅の方で剥がれが無いかなど仕上がり具合などの確認も必須です。

さらに4つ目のポイントとしては、新たに設置した設備品などを全て稼動させる事で、電源が入り動作するかについても確認しておきます。

このあたりは工事中の段階から確認する事があるかと思われますが、全てが完了した段階で改めて業者と共に確認を行ないます。

また完成検査で何かしらの不具合があった場合には、その場で業者側に確認してもらい、どのように改善するかその方法や日数などを決めておきます。

引き渡し時の自己チェックポイント

続いて引き渡し時のチェックとは、上記の完成検査において問題が発覚した場所について改善されているか、業者から物件を引き渡される前に行う確認を指しています。

まずは前回のチェックで発見された問題箇所を業者と共に一つ一つを見てまわり、状況の確認を行います。

大抵は指摘した問題は改善されているのですが、その後に不具合が出た場合にはどうすれば良いか保証関係についても話しをしておく事が大切です。

全ての確認を終えた段階で物件の引渡しを受けることになり、残った工事費用の支払いを済ませる事で一連の店舗内装の工事は終了します。

なおいずれのチェックを行う際も、人数が多い方が細部まで細かく見ることができますので、店舗スタッフやご家族などと共に確認に当たると良いでしょう。

開業資金の融資・リースを受けたい方へ
⇒ 開業資金のご融資支援サービスはこちら

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

見積り提出からデザイン提案まで、すべて無料でご利用いただけます。当サイトが間に入っていますので、業者さんからしつこく営業される心配もありません。

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ