整骨院の待合室の内装工事で注意すべき点

整骨院内装工事では、メインとなる施術室に最も注意を払うのは当然ですが、複雑な事務作業や多くの患者が待つことになる待合室も十分に注意しなくてはいけません。

ではどんな事に注意すべきか、待合室を作るにあたって抑えておきたい基本的なルールを紹介してみましょう。

施術スペースと待合スペースの均等を考える

施術スペースばかり広く確保してしまい、待合スペースが小さくなりすぎないよう注意してください。

二つにあんまり差がありすぎると、施術スペースは広々としていながらも待合スペースが患者で溢れてしまい、混雑して立ち待ちをさせてしまったり、ストレスと疲労を与えてしまいます。施術を受けるまでの間もリラックスして待てるだけの十分なスペースを確保してください。

構造設備基準としては、施術室は2坪以上、待合室は1坪以上となっています。割合で考えると、2対1のスペースを基本と考えると良いでしょう。

ただ、待合室は受付スペースもありますし、観葉植物等を置いて雰囲気作りにこだわることもあるので、坪面積だけで考えると完成時に狭くなってしまうこともあります。どんな待合室にするかによって、場合によっては気持ち大きめに作るようにしましょう。

事務処理を考慮した受付スペースを確保する

待合室部分は受付スペースもあるのが基本です。接客や事務作業に支障がない受付スペース、レイアウトになるよう考慮しましょう。

受付はただ患者を案内するだけではありません。応対して各自の希望に手際よく対処しなくてはいけませんし、保険証やカルテといった貴重品も取り扱わなければいけません。

狭いスペースにしてしまうと作業が困難になってしまい、大きなトラブルを発生させかねません。受付の方がストレスなく作業できるスペースを想定して確保するようにしましょう。

書類や備品の保管スペースも考えましょう。開業時はスペースに困らなくても、カルテは最終来院から5年間の保存が義務付けられているため、徐々に保管書類は増えていくと考え、余裕を持った保管スペースを確保しておかなければ後々困ってしまいます。

落ち着いて居心地の良い空間とデザイン

施術室がいっぱいとなってしまい、待合室ではどうしても患者を待たせてしまうこともあるでしょう。リラックスして待てるよう、落ち着いて居心地の良い空間とデザインにしましょう。

カラーに厳格な決まりはありませんが、薄目で淡い色に抑えましょう。濃い色では落ち着きません。カントリーチックな木目調も良いでしょう。植物や絵画などを飾ったりして雰囲気を演出することも考えましょう。

また日当たりにも気を付けてください。日当たりが良すぎれば暑いですし、悪すぎれば暗くじめじめしてしまいます。

開業資金の融資・リースを受けたい方へ
⇒ 開業資金のご融資支援サービスはこちら

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

見積り提出からデザイン提案まで、すべて無料でご利用いただけます。当サイトが間に入っていますので、業者さんからしつこく営業される心配もありません。

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ