【アイデア22】 利益0円で販売しても儲かる仕組み

昔の話ですが、仕入れたお酒を原価で販売して
残った酒樽(当時は需要があった)を売って儲ける
ということをした商店があったそうです。

たとえ、お酒を0円で販売したとしても
酒樽を売ってもうけが出る仕組みということです。

たとえば、現代なら、ビール1杯無料にして
他のメニューで利益を取るという方法もあります。

「集客商品」と「収益商品」を分けて考えることが
商品戦略では何よりも重要です。

「集客商品」は原価で販売したとしても
「収益商品」で利益が出る仕組みを考えましょう。

もし、ビールを1杯無料にしても
それだけで帰るお客様はほとんどいないでしょう。

他の商品を注文してくれて利益が出るのなら
無料ビールは集客費用、広告費とも考えられます。

利益0円で販売しても儲かる仕組みについて
いろいろアイデアを出してみてくださいね!

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ