依頼の仕方のポイント

まず、商売のコンセプトを決めましょう!

コンセプトを決める

どの程度コンセプトが決まっていれば、内装工事をしやすいのでしょうか?

どんな業態にするのか、居酒屋、カフェ、イタリアンなど、大まかで構わないので、業態を決めておくことは大前提になります。

何屋さんかも分からなくては、デザインもできませんし、そもそも何をしたいのか分からないようなお店が成功するはずがありません。

どういう業態で、どういうメニューで、どういう店を作りたいか、雰囲気とかイメージの方向性は、オーナーが決めるべきことです。

例えば、回転率がいいラーメン屋を作りたいから全部カウンターでとか、自分のお店をどのように運営していきたいのか明確になっていれば、当然そういう店作りになっていきます。

オーナーは、自分自身で運営コンセプトを作らなければいけません。厳しいようですが、ただ漠然とやっていたら商売は必ず失敗します。

自分できちんとしたコンセプトを持って、「売り」にするものを最初に作っているお店は、だいたい上手くいっています。

内装工事業者も、そういうオーナーと仕事をしたいし、そういうオーナーでなければ良いお店は出来ないと考えています。

また、公庫などの融資を受ける場合は、必ず事業計画書が必要になるので、コンセプトがないと融資を受けることができません。コンセプトは、基本中の基本と認識しておきましょう。

イメージを伝える方法

内装工事業者にイメージを伝える際に、最も分かりやすいのは「写真」です。

内装工事業者の大部分が、「雑誌の切り抜き」や「自分の気に入ったお店の写真」があると、分かりやすいと言っています。

全体ではなく部分的にでも、家具だけでも、色使いや質感、単純にこの照明が好きとかでも構いません。現場写真はアングルにこだわらず、あればあるほどいいでしょう。スマホのカメラでも十分です。

また、優先順位は関係なく、希望の席数、厨房機器で必要なもの、明るい感じ、暗い感じ、天井はスケルトンでいい、色の基調色はこんな感じなど、具体的な希望を箇条書きで伝えると、イメージがわきやすいようです。

要するに、内装工事業者は、オーナーの頭の中にあるイメージを知りたいと思っており、具体的な写真があるとイメージが伝わりやすいということです。

全体でも部分でもいいので、できるだけ具体的な情報を提示しましょう。内装工事業者は、そういう情報を総合してデザインしていきます。

イメージの参考になる代表的な雑誌には、次のようなものがあります。

ぜひ、イメージの参考にしてみて下さい。

内装工事業者が知りたい情報

その他にどんな情報を伝えれば、デザインや見積りがしやすいのでしょうか?

概算でも構わないので、予算は必須です。予算が決まっていないのに、デザインや内装工事をすることはできません。

水道管の太さ、電気・ガスの容量も重要です。事務所などに使われる13ミリの水道管では、飲食店には細すぎます。 元径が20ミリになっていれば、問題ありません。

建築図面があれば、坪数、設備、構造などの基礎情報はほとんど分かります。建築図面は、不動産屋か大家さんに言えば手に入れることができますので、最低でも「平面図」と「配置図」は出してもらうといいでしょう。

工事スケジュールが逆算できるので、いつオープンしたいかなどのスケジュールも、予め伝えておきたいところです。

他にもターゲットとする客層が分かっていると、内装工事業者はデザインやプランを考えやすいといいます。

開業資金の融資・リースを受けたい方へ
⇒ 開業資金のご融資支援サービスはこちら

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

見積り提出からデザイン提案まで、すべて無料でご利用いただけます。当サイトが間に入っていますので、業者さんからしつこく営業される心配もありません。

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ