飲食店を始める際に用意する開業資金の目安

飲食店をはじめるための開業資金は、お店のサイズやジャンル、出店するエリアによって大きく異なりますが、最低でも500万円、多めで1000万円が目安金額としてあげられます。もちろん目安なので、もっと安く抑えることもできますし、1000万以上かかることもあります。

実際にどれくらいがご自分の開業資金の目安になるのかは、開業するために何が必要かをそれぞれ考え、計算してみるのが一番です。以下に開業するにあたって、資金の目安を図るために必要な三大費用を紹介してみましょう。

出店場所により大きく異なる物件取得費用

どのようなジャンルのお店なのか、どんなお客様をターゲットにするか、どれくらいのスペースを想定しているかなど、ご自分の理想を元に十分にリサーチし、最適の物件を選択します。

そのため、理想によって物件取得費用は大きく異なりますが、普通に賃貸で住居を契約するのとは違い、敷金として10か月分程度がかかってしまうのが相場です。月の支払いが10万円と安く抑えられたとしても、敷金で100万円かかることになります。

以前飲食店だった物件を引き継ぐ場合は、居抜きと言い、敷金のかわりに譲渡代金が必要となり、金額は数十万から数百万と、物件の状態により違います。

ご自分で所有している物件であれば取得費用はかかりません。小規模で地域密着型のお店を開きたい場合は費用を抑えるため、ご自宅を改装してカフェやパン屋さんを開く方も目立ちます。

出店費用のうち半分を占める内装工事費用

物件取得の初期費用に思わぬ大金がかかってしまいますが、それ以上に驚いてしまうのが内装工事費用です。これは総合出店費用のうち半分を占めてしまうのが一般的と言われるほどです。

具体的な内装工事とは、厨房設備の設置をはじめ、床や壁、天井などを店舗運営に合わせて改装したり、求めるお店のイメージに合わせた雰囲気作りなどです。

内装工事費用の目安は坪単価で計ることができますが、1坪当たり数十万、場合によっては100万円を超えることもあります。いずれにせよ、広い店舗ほど内装工事費用は高くなります。

また店舗が大きければ大きいほど開店後の運営資金も高くなります。物件取得、内装工事費用はその後の運営に無理が生じないかも考えて決定しましょう。

こだわるほど金額が高くなる備品費用

上の2点ほど高額をかけなくてもすみますが、こだわればこだわるほど金額が高くなってしまうのが最後の備品費用です。備品とは、家具や食器、絵画や観葉植物といった小物類です。

一般大衆向きのカフェや居酒屋、食堂などを開きたい場合はそれほど備品にお金がかかることはありませんが、お洒落なレストラン、高級志向、本格志向のお店となると、備品も一級を揃えなければお店の雰囲気に合いませんから、高額となりやすいでしょう。

開業資金の融資・リースを受けたい方へ
⇒ 開業資金のご融資支援サービスはこちら

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

見積り提出からデザイン提案まで、すべて無料でご利用いただけます。当サイトが間に入っていますので、業者さんからしつこく営業される心配もありません。

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ