居抜き物件を飲食店に改装する際のポイント


飲食店を開業する際に居抜き物件を利用する場合は、どんな内装工事が必要になるのでしょうか?

ある程度の内装ができていて、設備も残っている居抜き物件ですが、それでも内装工事は必要です。どんな部分に手を付ければいいのか把握しておきましょう。

元のお店が飲食店だった場合

元のお店が飲食店だった場合は、内装工事の必要性もぐっと下がります。特に厨房、いわゆる水回りの工事は、基本的に必要ないと考えておきましょう。

水回りは防水加工などがしてあるため、新たに工事してスペースを広げたり、場所を変えたりすると大幅に費用が上昇します。これでは居抜き物件のメリットが活かせないので、水回りはそのままにしておくか、簡単な改修に留めましょう。

居抜き物件の内装工事では、店内に配置するテーブルや椅子を新しいものに変えたり、壁のデザインを変えるなどの工事が主になります。

細かい部分を自分の好みに合わせて変更し、ベースなる部分はそのまま利用するイメージです。

元のお店が飲食店ではなかった場合

元のお店が飲食店ではなかった場合は、水回りを中心に内装工事が必要になってきます。飲食店かそうでないかで、1番大きく代わるのが水回りともいえるでしょう。

水回りの内装工事にはお金がかかりますが、飲食店では絶対に欠かせない工事です。どのようなレイアウトなら調理がしやすいか、効率などを考えながら、見栄えの良さにもこだわりたいところです。

レイアウトや設計から始めることになりますので、自分でデザインを決めるのかプロに任せるのかも検討しておきましょう。

また飲食店ではなかったことを考えると、他の部分も大きく変えなければいけない可能性もあります。居抜き物件とはいえ、大幅な内装工事をすることになると想定しておきましょう。

大掛かりな内装工事をする場合

大掛かりな内装工事をすることになった場合は、特に予算には十分気を付けましょう。

居抜き物件の最大のメリットは、何といっても初期費用を抑えられることです。しかし内装工事に費用をかけると、そのメリットが活かせなくなってしまいます。

スケルトン物件も含めて、別の物件を探した方が良かったということにもなりかねませんので、居抜き物件を選ぶ際は予算を最小限に抑えるように意識しましょう。どうしても必要な部分の工事だけに絞り、無駄を省くことがポイントです。

居抜き物件を上手に利用すれば、通常の半額以下で内装を完成されられることもあります。いかに予算を少なくできるか、これは居抜き物件から開業する場合に非常に重要な部分なのです。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

内装工事の見積りから、デザイン提案まで、すべて無料で利用できます。当サイトが間に入りますので、業者さんから営業される心配もありません。

まずは、無料で、飲食店(店舗)の内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくり内装工事について考えてください。

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り・提案します。(現地調査も無料です)

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較


内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ