居抜き物件で飲食店を開業する際に必要な内装工事

飲食店を開業する際に居抜き物件を利用する場合、内装工事としてはどんな工事が必要になるのでしょうか。

ある程度の内装ができており、設備も残っている居抜き物件ですが、それでも内装工事は必要です。どんな部分に手を付ければいいのか把握しておきましょう。

元々飲食店だった場合

元のお店が飲食店だった場合、内装工事の必要性もぐっと下がります。特に厨房、いわゆる水回りの工事は、基本的にしないものと考えておきましょう。

というのも水回りは防水加工などをしており、新たに工事をしてスペースを広げたり場所を変えたりすると大幅に費用が上昇します。これでは居抜き物件の良さを活かせなくなってしまうので、水回りはそのままにしておく、そうでない場合は簡単な改修に留めるケースが多いのです。

店内に配置するテーブルや椅子を新しいものに変えたり、壁のデザインを変えるなどの内装工事が主になるでしょう。細かい部分を自分の好みに合わせて変更し、ベースとなる部分はそのまま利用するイメージでしょう。

飲食店ではなかった場合

飲食店以外のお店だった物件を飲食店として使う場合は、水回りを中心に内装工事が必要になってきます。飲食店かそうでないかで、1番大きく代わるのが水回りとも言えるでしょう。

水回りの内装工事はお金もかかってしまいますが、絶対に欠かせない工事です。どのようなデザインなら調理がしやすいか、効率が良いかなどを考えながら、見栄えの良さにもこだわりたいところです。

設計から始めることになりますので、自分でデザインを決めるのかプロに任せるのかも検討しておきましょう。

また、飲食店ではなかったことを考えると、他の部分も大きく変えなければいけない可能性もあります。居抜き物件とは言え、大幅な内装工事をすることになると想定しておきましょう。

予算に注意

特に大掛かりな内装工事をすることになった場合、予算には十分気を付けましょう。

居抜き物件の最大のメリットは、初期費用を抑えられることです。ですが内装工事に費用をかけると、そのメリットが活かせなくなってしまいます。

それならスケルトン物件なども含めて物件探しをした方が結果的に良かった、ということもありますので、居抜き物件を選ぶなら予算を最小限に抑えるよう意識しましょう。どうしても必要な部分の内装工事にだけ絞り、なるべく無駄を省くことがポイントです。

居抜き物件は、上手に工事をすれば、通常の物件の半額以下の費用で内装を完成されられることもあります。いかに予算を少なくできるか、これは居抜き物件にとって非常に重要な部分です。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ