店舗内装の坪単価の目安と判断基準

店舗内装をするには費用がかかります。坪単価で考えるのが一般的なのですが、この坪単価の目安の判断はなかなか難しいものです。

特に初めて店舗を持つ方にとっては、わからないことだらけではないでしょうか。しかし店舗内装の費用、つまり開業資金を最小限に抑えるためにも、坪単価の目安は把握しておく必要があります。

店舗の大きさによる違い

まったく同じ内装工事をするとしても、店舗の大きさが変わると坪単価も変わってきます。

10坪の店舗と30坪の店舗だと坪数も違います。そのため同じ内装工事をするとしても、単価で見た場合は、坪数の少ない店舗の方が高くなるのです。

内装工事は店舗の広さに関わらず内容が同じになるため、こうした現象が生まれます。なんとなく店舗が広い方が坪単価も高くなるとイメージしている方もいるかもしれませんが、実際は逆なので気を付けましょう。小さな店ほど坪単価が高くなってしまう形です。

この点を把握しておくと、店舗の大きさによる坪単価の違いに惑わされることがなくなります。

新装か改装か

これは非常にわかりやすい目安になるでしょう。

新装の場合、すべての内装工事を1から行うため坪単価も高くなります。逆に改装の場合、元からの設備をそのまま利用するなどすれば、内装工事にかかる費用を減らすことができ、結果的に坪単価を安く抑えられます。

居抜き物件などが改装の良い例でしょう。居抜き物件でも、どの程度の設備を再利用できるかは物件によってや、こちらの考え方で変わってきますが、いずれにしても新装と比較して坪単価が安くなるのは確実です。

そのため坪単価の目安も新装と改装ではまったく変わるので、それぞれの相場をあらかじめ調査しておくことが大切です。

新装の場合の坪単価の目安は30万円から50万円で、改装だとこの坪単価よりも安くならないと改装のメリットがないと考えられます。

相場を知り見積もりをしてもらう

実際に内装工事にいくらかかり坪単価はいくらになるか、これは店舗の状態や立地条件などで細かく変わります。

そこで重要なのが坪単価の相場を知り、そのうえで見積もりをしてもらって判断するということです。相場を知らないと、見積もりの結果が高いのか安いのかも判断できませんので、まずは相場を調べ、そのうえで業者に見積もりを出してもらいましょう。

相場と比較することで、坪単価の目安がわかります。つまり相場よりも安ければお得、高ければ割高です。業者によって見積もり結果は違うので、複数の業者に同時に見積もりをお願いするのもおすすめです。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ