店舗改装の費用を抑える方法

店舗改装費用は、あれこれ希望を盛り込む中で金額が大きくなりがちなのですが、少しでも低く抑える方法についてご紹介します。

業者同士を競わせる

一般的に店舗改装を行う際には、周囲の経験者にどこの業者が良いか教えてもらう事もあれば、評判の良い業者を探したり、またはインターネットで検索して探す事もあります。

特にインターネットを利用した場合は、多くの業者を探す事ができるのですが、その際に費用を少しでも低く抑える方法としておすすめなのは、見積もりサイトやマッチングサイトを利用することです。

この見積もりサイトやマッチングサイトは、他の業種でもサービスが広く提供されていて、例えば中古車買取などの一括見積もりサイトを利用した事がある方も多いのではないでしょうか。

こうしたサービスは、一つの申し込みを行うと複数の業者に見積もりを依頼することができ、こちらの業種や希望に適した業者を紹介してもらえますので、業者同士を競わせる中で出費を減らすことが可能になるのです。

居抜き物件を使う

続いて、店舗改装費用を少しでも低く抑える方法としておすすめなのは、「居抜き物件」の利用です。

居抜き物件とはあまり聞き慣れませんが、これは店舗内に何も物が無い状態の「スケルトン物件」とは逆の物件で、前テナントが残した内装や厨房設備などをそのまま利用する事ができる物件を指しています。

改めて内装工事や厨房工事などを行なう必要がありませんので、開業までの出費を大きく減らす事ができ、また状態さえ整えればすぐにでも店を開くことができます。

開業までに工事だけで1~2か月ほど掛かる事もありますが、居抜き物件であれば待ち時間が生じず、すぐに開業して利益を出せる点でも大きなメリットがあります。

中古の設備を使う

また、店舗改装費用を少しでも低く抑える方法としては、中古の設備を使う事も選択肢の一つとして挙げられます。

飲食店では、中古の設備を避けようとする傾向もあるのですが、中古市場が大きく発展している中では状態が良い物もありますので、中古の厨房機器などを用いる事で初期投資を減らすことができます。

一方で客席に関しては、テーブルや椅子、レジなども中古を利用することができますが、このあたりはあえて新品で揃えて、厨房機器だけ安く仕上げるなど、選択と集中を行なうのもひとつの方法です。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ