一般的な居抜き店舗の内装工事費用

店舗内装工事を行う際には、スケルトンか居抜きかにより工事費用は変わる事になるのですが、後者の場合は一般的にいくら必要になるのでしょうか。

居抜きの店舗はいくら必要になるのか

居抜きとは、以前にその物件に入っていた店舗が使用していた内装がそのまま残されている物件のことを指しています。

こうした物件の場合は低コストで開業できる特徴があり、飲食店を例に挙げると厨房機器を除いた場合におよそ15~40万円ほどになるケースが一般的です。

ただ本格的な内装工事となれば、新装と変わりが無いため坪単価30~50万円ほどになるケースもありますが、およそ半分については電気・ガス・水道・空調などが含まれますので、このあたりがすでに備わっている場合は設置費用を削減できます。

またどこまでの設備や内装が残されているかはそれぞれの物件で異なりますので、不動産会社や前のテナントと話し合いをする中で残された物をどこまで引き継げるかによっても工事費用は変わります。

内装について極端なケースでは0円で開業することも可能で、看板だけを架け替えるだけでもお店を開くことができます。

ただ開業する際には、やはり個々の方により自身が描いたコンセプトをお店に反映させたいもので、または部分的に工事が必要となる場合もありますので、設備が残されていても改装を行う場合がほとんどです。

費用が安い一方で隠されたデメリットも

こうした物件を用いる場合にメリットとして大きいのは、お金を掛けずに開業できる点で、内装工事を行う場合でも金額を大きく削減できる点に大きなメリットがあります。

ただその一方で利用客の目線に立った時には大きな問題があり、看板は違えど内装や設備が同じ場合には前に入っていたテナントと同じと店とみなされたり、同じ系列の店と見られる事があります。

以前のテナントが撤退した理由を考えた時に、同じ店と看做される事には大きな問題がありますので、内装を含め外装についてもそれなりに改修を行う必要があります。

それ以外の店舗で掛かるお金について

また物件によっては居抜きだけでなくスケルトンと呼ばれる種類もあり、こちらの場合には工事の規模や金額についても大きな違いがあります。

スケルトンは建物躯体だけがあり、内装や設備などが一切残されていない物件になりますので、入居に際して一からお店を作り上げなければなりません。

この場合は新装になりますので、先にご紹介した坪単価30~50万円ほどのお金が一般的に掛かる事になり、繁華街など地域性によっては坪単価が上昇することもあります。

開業資金の融資・リースを受けたい方へ
⇒ 開業資金のご融資支援サービスはこちら

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

見積り提出からデザイン提案まで、すべて無料でご利用いただけます。当サイトが間に入っていますので、業者さんからしつこく営業される心配もありません。

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ