居抜き店舗とスケルトンの店舗内装費用の比較

店舗を開業するための店舗選びでは、居抜き店舗とスケルトンのどちらかを選ぶか考える事になるのですが、双方を店舗内装の費用面から比較した場合にどちらが良いのでしょうか。

居抜き店舗について

まず居抜き店舗は店舗内装の費用面から見た場合に非常に大きなメリットがあります。

こうした物件の特徴としては、前に開業していたお店の設備や物品などが残されていますので、内装工事は必ずしも一から行なう必要がないのです。

設備や物品などはどこまでの範囲で残されているかはそれぞれの物件で大きく異なりますが、壁や天井などが残され客席が完成された状態であれば、厨房の設備が一式残されている事もありますので、工事費用と共に厨房機器の購入の費用も省く事ができます。

ただこのように費用の面からはメリットが大きいものの、必ずしも開業に際して有利に働く訳ではありません。

これは前に入っていた店舗が残した内装をそのまま流用した場合に、前の店舗とご自身の店舗が同一の物と周囲が勘違いする事があるためです。

前の店舗のサービスが悪かったり味が悪いなど問題があり閉店した場合は、その時のイメージを引き継ぐ事にもなりかねず、こうしたデメリットを避けるためにも前の店舗については不動産業者や隣り合う店舗などに細かく尋ねておくと良いでしょう。

スケルトンについて

続いてスケルトンの物件についてですが、店舗内装の費用面から見た場合に出費が大きく増します。

このスケルトンは骨組みだけの簡素な構造物を指した言葉になり、コンクリート打ちっぱなしの壁がむき出しであるように何もない状態の物件になるのです。

店舗としての体裁を整えて開業するためには一から工事を行う必要があり、当然ながら設備や物品等も残されてはいませんので、居抜き店舗と比較すれば費用は大きく掛かるのです。

ただ費用の面ではデメリットが大きいものの、出店に際してはご自身のイメージに併せて一から店舗作りが行なえますので、出費が大きい一方で理想通りの店にすることができます。

ただ先々の事を考えた時に撤退に際しては賃貸契約書に原状回復するよう記載されていますので、元の何もない状態に戻すために撤去費用も大きくなりますので、こうしたデメリットについてもあらかじめ知っておく事が重要です。

このように双方の物件を比較すると単に費用面で見ただけでは比べられないメリット・デメリットがありますので、ご自身の状況や希望に合わせて熟考する必要があります。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ