店舗内装工事の見積もりを値切るコツ

店舗内装工事見積もりをする中では、様々要望を盛り込むと予算オーバーになる事もあるもので、そうした場合には実践したい値切るコツがあります。

店舗内装工事を値切るコツ

まず見積もりの値切り方として有効な方法になるのは、目標の割引幅を決めておくことです。

予算オーバーにならずとも費用が安ければそれに越したことはありませんので、中には業者に対して際限なく安くするよう求めるケースも少なからずあります。

業者側としても利益を確保しつつ案件を取るためには痛手を被る覚悟はあります。

しかしその範囲も自ずと狭まってきますので、予算オーバーの金額を踏まえつつおよそ5%ほどの数値を目標に割り引いてくれるよう交渉すると良いでしょう。

この5%の数値は微妙なラインで、例えば10%ほどの値引き幅となれば業者からは完全に断わられてしまいます。

また消費税の8%をまけて欲しいと申し出た場合も、業者としては税金の支払いが自腹になる点で負担が大きいと感じることになりますので、それよりも低い5%前後であれば相手側としても受け入れやすいラインになるのです。

ただ話し合いに際しては最初から5%でお願いするのでは交渉方法として稚拙になり、まずは消費税分の8%を負けてもらうようスタートラインを高い位置にしておきます。

そこから粘るように交渉して5%前後まで下げて相手方に納得してもらうよう話を誘導するのが賢いやり方です。

また安くする事が難しい場合でも、それ以外で何かオプション的なサービスをつけられないかについて交渉をしておくと良いでしょう。

業者としても価格が下がらないのであれば、その分を何かで還元する事は話として受け入れやすく、こうした方法もご自身に利することができます。

業者に嫌われる交渉

このように店舗内装工事を値切るためのコツは様々かあるのですが、話し方によっては業者に嫌われる場合もありますので、互いの信頼性を損ねないためにも注意が必要です。

まずもっとも注意が必要なのは他社と比較する相見積もりを行う場合で、業者としては他社の提示した金額を元にして行なう交渉は好まない傾向が強くあります。

これは普段の買い物に例えてみると分かりやすく、あちらのスーパーで100円安かったからと交渉しても価格を落としてくれるスーパーはありません。

店舗内装工事の場合は定価は無いものの、このような交渉では値下げと共に建材の質を落とされたり、それ以前に業者側から断わられる可能性もありますので注意しましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ