店舗の内装工事費用を安くするための物件の探し方

開業に伴い行う工事は、総費用のうちおよそ50%ほどを占める大きな金額になるのですが、これを知っておく事で少しでも店舗工事費用を安くする事ができる物件の探し方についてご紹介します。

狙いは居抜き

まず開業にあたり、内装や設備などについてあまりこだわりが無くある程度は柔軟性がある場合は、居抜きに的を絞る事が、工事費用を安くするための物件の探し方として大きなポイントです。

居抜きとは、以前に入っていたテナントが退去する際に、内装や設備をそのまま残しているお店を指していて、そのまますぐに開業できる状態ですので、必要が無ければ工事を一切行わずに営業できます。

お店により何が残されているかは異なりますが、居抜きの場合は厨房機器やエアコンから椅子やテーブルなど付属していますので、故障箇所を治したり看板を変えるだけでオープンすることができます。

特に厨房機器は多くの資金が必要になるものですので、機器の数が多く残されていればそれだけ大きく節約することができます。

自分で補修ができそうであればDIYする

また居抜きとはいかないまでも、スケルトンのように全ての工事が必要ではなくある程度は内装が整っている所であれば、店舗工事費用を少しでも安くするための物件の探し方として狙い目です。

ただ居抜きとは違い、中途半端に内装が残された店舗の場合は必要な工事も様々あるのですが、ご自身でできる箇所はDIYで補修を行なうと良いでしょう。

例えばクロスの貼り方ひとつにしても、動画サイトでDIYでのやり方について解説されていますので、ポイントさえ押えれば未経験者でも作業することができます。

ただその一方で、どうしても職人の業が必要になる補修もありますので、必要に応じてお金を掛けるだけであれば大きく節約することができます。

地域により異なる坪単価をチェックする

続いて少しでも店舗工事費用を安くできる物件の探し方としてポイントになるのは、坪単価をチェックする事が挙げられます。

坪単価とは、工事を行うにあたり1坪あたりいくら位になるかを分かりやすくした単位で、工事業者それぞれで坪単価を紹介していますので、どこであれば安くなるかおおよその目安にする事ができます。

ただその一方で工事の坪単価については、全く同じ工事でも全ての地域で同額になる訳ではなく、繁華街やビルの中など場所により単価が変わることがあります。

そのため費用を重視したお店探しでは、どこであれば安く工事ができるのか工事の坪単価についても併せて考える事が重要になるのです。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ