店舗物件を選ぶときに失敗しない探し方とチェック方法

開業するにあたり物件選びは非常に重要な要素になり、その後の売り上げや事業の継続などにも大きく影響する事になるのですが、どこに出店するか選ぶときに失敗しない探し方や押えておきたいチェック方法などがあります。

失敗しない探し方とは

まず物件選びでしくじらないための探し方としてポイントになるのは、頼れる不動産業者を選ぶことです。

不動産業者は数多くあれど、本当に頼りにできる業者についてはそう多くある訳ではなく、どこにお願いするかが非常に重要になるのです。

業者選びでは、情報量が多く小まめにサポートしてくれることが大きなポイントになり、こちらが出した要望に対しても面倒な素振りも見せずに素早く対応してくれる業者を選ぶと良いでしょう。

相談してからメールや電話で頻繁に連絡がある所であれば、より多くの情報量があり親身に対応してくれる証しになりますので、しっかり頼る事ができます。

また不動産業者の中には、大きく分けて元付け業者と客付け業者の2種類があります。

基本的には双方共に頼れますが、元付け業者の場合は貸し主側の立場で思考する傾向がありますので、多少は注意しておきましょう。

未公開物件を狙う

不動産業者を利用する際には、公開されている物だけでなく未公開の店舗について検討することも、しくじらないための探し方として有効です。

一般的に不動産業者は、空き店舗の情報を公開してテナントを集いますが、現在入っているテナントが営業中の段階では空き店舗としては公開せず、未公開として取り扱うことがあります。

こうした情報制限は、営業の邪魔にならないように配慮するために、または不動産業者が次のテナントも自社で取り扱えるよう情報を出し惜しみするために未公開としているケースもあります。

不動産業者と付き合う中で、条件が合えばこうした情報についても接する事ができますので、未公開についても情報を聞いておくと良いでしょう。

失敗しない物件のチェック方法

続いてどの店舗を選んだら良いか失敗しないためのチェック方法についてですが、業種や業態にお店がマッチしているか細かい確認が必須です。

例えば飲食店の場合は設備機器や看板がどこに置けるのか、どこまで自身で手を加えていいかなど、不動産業者の許容範囲について確認を行なう必要があります。

一般的にどこに出店するか考えた時に立地条件に目が行きがちですが、不動産業者の許容範囲についても非常に重要な要素になるのです。

そのため書面にある賃貸条件だけを見るのではなく、あらかじめ業者と共に現地に訪れて細かく確認しておくと良いでしょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ