無料見積りの範囲と手順

どうやって見積書をチェックすればいいのか?

飲食店(店舗)内装工事見積りは、内装工事業者によって書き方が異なり、素人にはなかなか判断が難しいです。

見積りの妥当性

まず、見積書に書いてある文言が理解できるかどうかが、判断のポイントになります。

何を書いてあるのかが、具体的に分かる見積書は信頼できます。素人でも理解できるように書いてあったり、質問した時に分かるように答えてくれる内装工事業者は信頼していいでしょう。

そういう内装工事業者は、仕事への理解度が高く、価格だけでなく、質的にも良い仕事をしようとしていると判断できます。

逆に、単純化され過ぎていて、素人には何を指すのか分からないような、専門的な言葉が並んでいる見積書はNGです。

何でも「一式工事」となっていて、一式工事の細目や明細が書かれていない見積書を提示する内装工事業者も避けた方がいいでしょう。

どんなに小さいお店の内装工事でも、見積書は最低5枚くらいにはなります。工事内容ごとにきちんと見積書を作っていけば、自然に枚数は増えていくものです。2~3枚程度しか見積書を提示しないような内装工事業者は信用できません。

また、「極端な値引き」をしてくる内装工事業者も要注意です。

見積書を見て予算オーバーしていることを伝えた時、いきなり希望の予算までの値引きを提案したり、どこをコストダウンするのか示さずに、金額だけを予算に合わせようとしてくる業者がいます。

おそらくどこかで何らかの手抜きをするはずですが、素人では工事に対する知識も少ないため、手抜き箇所を見つけることはできないでしょう。

予算に合ったからと契約してしまったが、開業後に欠陥だらけでオープンできず、当サイトにご相談いただくケースも多いです。

見積りの実現性

見積書の金額より、後で勝手に費用が高くなることはありません。

【 見積りのおおまかな手順 】

  1. 現地調査・打ち合わせ:物件の状態、希望内容、店舗イメージ、設備状態を把握
  2. 概算見積り提出
  3. 詳細チェック~工事内容・金額の調整
  4. 店舗イメージ提出:レイアウト、パース、素材仕様など
  5. 最終見積り~工事契約

【3】の詳細チェックの段階で、工事内容や金額を調整してから、【5】の最終見積りを提示するので、基本的には提示された見積りより費用が高くなることはありません。

費用が高くなる場合があるとすれば、工事契約後に、お客様側からエアコン増設などの追加のご要望があった場合です。

それ以外は、素材の仕様変更などで多少の上下はあっても、大幅に費用が変わることはありません。

機器・備品の見積り

内装工事に含まれない、「厨房機器」や「家具・備品」の見積りも取れます。

無料見積りの範囲

当サイトであれば、どこの内装工事業者でも、すべて無料で以下のこと行います。

  • お客様のご要望をヒアリングするために「現地調査」を行う
  • 平面レイアウトとパース等を提示して「見積り・デザイン提案」

物件によって状態も設備も様々ですから、物件によって見積り内容は大きく異なります。話だけ聞いて、現地調査もせずに見積りを出す内装工事業者は信用できません。

※例外として、当サイトへ「ご要望記入シート」「建築図面」「店舗の現状写真」などをお送りいただければ、現地調査なしで、見積りを出すことも出来ます。

開業資金の融資・リースを受けたい方へ
⇒ 開業資金のご融資支援サービスはこちら

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

見積り提出からデザイン提案まで、すべて無料でご利用いただけます。当サイトが間に入っていますので、業者さんからしつこく営業される心配もありません。

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ