什器・備品のお得な入手方法

飲食店(店舗)で使用する、消耗品であるインテリア用品や什器・備品は、あらかじめコストダウンの方法を考えておきたいところでしょう。

それには、いくつかの手段が考えられます。

インテリア用品

インテリア用品に関しては、雑貨系のモノであれば東急ハンズやホームセンターに行けば揃いますし、それで十分です。

ただし、家具に関しては、家具専門の業者やメーカーで見た方がいいでしょう。イケアなどの巨大家具店と較べても種類がはるかに豊富ですし、飲食店(店舗)用に作ってあるので、耐用年数・強度が全く違います。

最近はインターネット販売も充実しており、飲食店(店舗)専用の家具が簡単に手に入ります。代表的な飲食店(店舗)用の家具販売サイトを紹介しておきますので、参考にして下さい。

店舗家具販売.com:http://www.tenpokagu-honpo.com
店舗家具.com:http://www.tenpokagu.com/

インターネット、は大いに活用すべきです。

アジアンテイストのインテリアなど、特定したジャンルだと、取り扱っているお店が少ない場合もあります。色々な店を回っても、取り扱っている商品が同じような場合も多いですが、インターネットだと商品の幅が広がります。

内装工事業者自身も、特殊なデザインのものはインターネットで仕入れるケースがあるようです。ディスプレイするインテリアなども、最近はインテリアショップを回るより、インターネットで探して買うオーナーが増えています。

什器・備品

食器や調理器具などの細かい備品は、どこで買っても構いません。実際、リサイクルショップや100円ショップで揃えるオーナーさんもいるようです。

食器や調理器具には専門の卸業者があり、内装工事業者に頼めば紹介してくれます。サンプルも充実していますし、全体的にテイストを合わせて、まとめて仕入れたりできるのでいいでしょう。

もちろんリーズナブルですし、食器類は割れて数が合わなくなると全部揃え直さなければなりませんが、卸問屋はある程度の在庫を確保してあるので、足りなくなったらお皿1枚ずつでも追加できます。

食器類を揃えないで、わざとバラバラで使いたければ「売切屋」といって、20個とか少ない在庫をまとめて安く販売している店もあります。ただし、その名の通り売切ですから、割れたりしても追加はできません。

ただし、同じ什器・備品でも、造作などの作り物に関しては、内装工事業者に依頼した方がインテリアにマッチしますし、安上がりになるケースが多いです。

開業資金の融資・リースを受けたい方へ
⇒ 開業資金のご融資支援サービスはこちら

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

見積り提出からデザイン提案まで、すべて無料でご利用いただけます。当サイトが間に入っていますので、業者さんからしつこく営業される心配もありません。

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ