中華料理店を開業する際におすすめの店舗内装

中華料理は人気の高い料理ですが、すでに多くの店がある中で、新たに中華料理店を開業する場合には、どんな店舗内装がおすすめなのでしょうか?

日本人の好みに合わせた店舗内装

以前より、中国から日本国内に働きに出ている方は非常に多いのですが、中国を含む海外のイメージのまま、日本国内で店舗内装を行なう事はおすすめできません。

中国などでは、お店のメニューを大きな垂れ幕に印字して店頭に掲げる事が多いのですが、こうした表示は安っぽく見えることもあります。

近年では、街中の中華料理店だけでなく、中華街などでも新興の中華料理店でこうした掲示方法が多く見られますが、安っぽくならないように気を付けて、綺麗な内外装に整える事が重要です。

料理によって店舗内装を工夫する

一口に中華料理店といっても様々な種類があるのですが、どのような料理を提供するかによって、店舗内装にも違いが生じてきます。

例えば、刀削麺は生地の塊を包丁で削ぎ落として直接鍋に入れて茹でる料理であり、味の良さはもちろんですが、作る過程を顧客に見せるエンターテイメント性も加味しなければなりません。

また点心をメインにしたお店の場合も、シュウマイやショウロンポウなどを造る細やかな手さばきも見どころの一つになりますので、こうした料理を取り扱うお店の場合はオープンキッチンにすると良いでしょう。

点心の場合は、蒸気で温められた飲茶ワゴンで客席まで運ぶのが本番のスタイルであり、こうしたスタイルを取り入れるための設備を整える事も、お客さんに喜んでもらうための一つの方法です。

中国の調度品を用いた店舗内装

料理は、その場の雰囲気も味付けの一つになりますので、中国の調度品を多く用いるなどして雰囲気を演出することも重要です。

例えば、中国の伝統的なデザインの看板を用いたり、日本とは異なる格子や扉などを本場から取り寄せるのも良いですし、絵画や扇子から彫像なども、場の雰囲気を感じさせるのに一役買います。

また少々変わった所で、お酒が多く出るお店の場合は、紹興酒の坪を並べるなどしても中華料理店としての雰囲気を演出できます。

その一方で、西洋の食材を中華の技法で調理するヌーベルシノワを提供する店舗の場合は、店舗内装自体は現代風にまとめておき、ポイントで中国の調度品を用いる事もありますので、こうしたケースではより高い次元で西洋と東洋のバランスが求められます。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ