鉄板焼き店の内装工事で必要な打ち合わせ項目

鉄板焼き店は他の飲食店とは違い、利用客自らが調理、または目の前で調理してもらうスタイルのため、独自のデザインが求められます。

鉄板焼き店ならではの特徴をしっかり踏まえたうえで、内装デザインについて打ち合わせするようにしましょう。

新装か改装かで坪単価が大きく異なる

新装か改装かによって坪単価が大きく異なるので、まずはその点に注意してください。新装と改装の工事金額の差は他の飲食店でも同じことですが、調理設備や排気設備を接客スペースに設置するため、鉄板焼き店は特に高額となりやすいです。

鉄板焼きと同時に厨房でも調理をする鉄板焼き店となると、厨房スペースを大幅に省くこともできません。なので、鉄板焼き店は通常よりも設備にお金がかかることを前もって理解しておきましょう。

ただし、居抜きのように前の設備を再利用できる状態であれば、内装工事費も新装のように高額にはなりません。間取りを変える必要がなければ、内装デザインもほとんど流用できますので、開店を急ぎたい、予算を抑えたい、打ち合わせを複雑にしたくない場合は居抜き物件を探しましょう。

鉄板焼き店のデザインはシンプルに

鉄板焼き店デザインはシンプルが一番です。店内を広々とスッキリに演出する目的もありますが、シンプルなデザインにしておいた方が掃除がしやすいためです。

鉄板焼き店は接客スペースで調理するため、油や煙が飛び散り店内を汚してしまいます。複雑なデザインにこだわりすぎていると掃除が大変で、開店後の苦労になってしまいます。

掃除しやすくするためには、テーブルや椅子などは造詣が複雑ではないシンプルなものを選択し、置物も少なめにしましょう。特にテーブルは四角型の大きめを用意するのが無難です。お洒落なテーブルにこだわったとしても掃除しにくいですし、サイズが小さかったり形状がいびつでは料理が収まらず食事がしにくくなってしまいます。

清潔性、食事性を重視して、デザインはシンプルに抑えましょう。

客層に合わせたデザインレイアウトを

どんな客層をターゲットにした鉄板焼き店にするかを、内装工事の段階で十分に打ち合わせしておきましょう。

ファミリー向けの鉄板焼きであれば座敷やソファー席を多く用意して、広々とスペースに余裕を持たせたデザインにしなくてはいけません。

一方、大人向けであればカウンター席をメインにして、鉄板焼きも利用客ではなくコックが行うスタイルにするなど、まったく違ったデザインにする必要があります。

提供する料理の質や金額によっても、エレガントなデザインか、アットホームなデザインにするかを決めなくてはいけません。シンプルでよいとはいえ、どんなお客様を招きたいかをしっかり打ち合わせましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ