そば屋の店舗内装でこだわりたいポイント

そば屋を開業する場合、店舗内装にはこだわりたいところです。

店舗内装次第でお店の雰囲気は大きく変わり、それがお客を呼び込めるかにも影響していきます。そば屋に求められる店舗内装とは、どんなものでしょうか。

店全体の雰囲気

そばと言えば、日本で古くから親しまれてきた和食の代表とも言える料理です。日本全国にお店があるのも、それだけそばが庶民の味ということでしょう。

こうした多くのそば屋は、どこも店舗内装を利用してお店の雰囲気を作り出しています。

たとえば、時代劇に出てくるような畳の小上がりがあるそば屋は、まさに多くの人が想像するそば屋を形にしたものです。雰囲気も日本らしさを感じられ、親しみも湧いてきます。

逆に最近では、少し洋風なデザインにして、新しいそば屋の形を演出しているお店も見られます。創作メニューも見られ、他のそば屋との違いを演出しているわけです。

店舗内装によってお客に与える印象、伝えるメッセージが違ってくるからこそ店舗内装は重要なのです。雰囲気にはこだわりましょう。

カウンターの有無

そば屋はカウンターの無い、いわゆる定食屋のような店舗内装とカウンターのある店舗内装に分けられます。どちらが良いかは、好みもあるので優劣を判断することはできませんが、こだわりを持って考えるべきポイントです。

特に工事費用を考えると、カウンターの有無は大きな意味を持ちます。というのも、カウンターはお店の状態に合わせて最適なものを作る必要があり、いわゆるオーダーメイドのような作り方をします。そのため費用もどうしてもかかってしまうのです。

予算を抑えるならカウンター無し、予算がかかってもいいならカウンターありという考え方もいいでしょう。カウンターの有無でお店の雰囲気もがらっと変わるので、やはりこだわりが求められます。

建材へのこだわり

和食系のお店全般に言えることですが、店舗内装で洗練さ、高級感を意識することは珍しくありません。

高級な材木を使って作られた柱やテーブル、椅子が代表的ですが、これらを揃えるだけでも和食店らしさが強く出て、お客様を惹き付ける要因になります。高級な材料を使うわけですから費用もかかりますが、そば屋を開業するなら1つ1つの建材にもこだわっておきたいものです。

庶民的な雰囲気を演出したいなら、あえてこうした建材は使わないという方法もありますが、洗練さや高級感をウリにするなら建材は重要な要素です。デザインだけでなく、デザインをどんな建材で形にするのかまでじっくり考えましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ