売上に直結するレストランの内装と注目すべきポイント

レストラン内装は、そのお店の売上にも直結する非常に重要な要素になるのですが、どんな点に注目すべきなのでしょうか。

メニューやサービスに即した内装にする

まず一口にレストランといっても様々なタイプがあるもので、フレンチやイタリアンなどのように国別に分類される場合は、それぞれの国を象徴するインテリアなどを導入する必要があります。

レストランでの食体験は一種のテーマパークに訪れるようなものですので、店内の雰囲気をその国を象徴するインテリアでまとめる事により、お客さんの印象は大きく向上する事に繋がります。

またそれだけでなくメニューの価格帯に応じたインテリアにする事も重要で、このあたりをチグハグにすると店舗全体に違和感が生じてお店の売上にも直結する事があるのです。

例えばあるファーストフード店ではメニューの内容に変化はないものの、商品を値上げするために店舗のイメージを良くしようと高級建材を用いてリニューアルしたケースがありました。

このリニューアルでは床材の大理石をわざわざ海外から特注で取りよせる程のこだわり振りでしたが、外側が変化しても肝心のメニューには変化が無いため集客には全く繋がらず、リニューアルは失敗に終わった事があるのです。

高級店と街中にあるようなカジュアル店では、必ずしも店舗のイメージを一致させる必要はありませんので、価格帯やターゲット層から地域的な要素も踏まえてそれぞれに応じたデザインにまとめた方が良いでしょう。

ご自身のコンセプトをしっかり反映させる

近年ではガイドブックのミシュランに多くの飲食店が紹介されるなどして大きな話題を呼びましたが、飲食店が多い中ではご自身の店舗が埋没する事にもなりかねない状況があります。

そのため店舗作りではご自身の描くコンセプトをしっかり反映させる事がとても大切で、こうした点もお店の売上にも直結する事がありますので注目すべき注意点として挙げられます。

レストラン内装を業者に依頼する際には、およそのイメージだけ伝えて細かなデザインについては業者側に任せる事もあるのですが、ここには大きな落とし穴があります。

業者としては確実に案件を取るために安定感があるデザインで設計を行ないますので、よく言えば安定感があるのですが悪く言えばどこかで見た事があるような既視感のあるデザインに仕上がる場合があるのです。

あまりに個性が失われたのではその他大勢の中に埋没してお店の売上にも直結する可能性もありますので、コンセプトをしっかり反映させる事も注目すべきポイントとして挙げられるのです。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ