隠れ家的な魅力がある串焼き店の内装工事のコツ

飲食店の開業を考えたとき、知る人のみ知るといったような、隠れ家的な魅力溢れる串焼き店に憧れる方もいることと思います。

普通のお店と隠れ家的な店はどう違うのか、内装工事の際はどんな点を工夫すべきなのか、そのコツを考えてみましょう。

手作り感をアクセントに隠れ家を演出

隠れ家的なお店は、混雑しない落ち着いた雰囲気が大切です。なので外装はシンプルにあまり主張しないほうが無難です。場所も目立った大通り沿いではなく、一本二本横に入ったところにある感じがベストです。

内装に関しては、特別に隠れ家的に見せるための条件はありませんが、利用客が落ち着けるよう、個性を強くし過ぎないのがポイントです。ゆったりと時間が流れるような空間が望ましいです。

綺麗に内装をまとめるだけでなく、手作り感も隠れ家を演出するには良いアクセントとなります。手書きのメニューボードに、机や椅子などの家具に食器など、あえて整っていないアイテムを用意すると効果的です。

ただし、手作り感が過ぎると居心地が悪くなったり、個性が強すぎてしまいます。基本は落ち着きある綺麗な空間として、アクセントに手作り感を加えましょう。

自宅改装で低予算の隠れ家的なお店を

ひっそりとした場所、こんなところにお店が、というのが隠れ家的なお店の特徴ですから、自宅を改装してお店にしてしまうのも良いでしょう。

メリットは低予算でお店を開けることです。ダイニングを改装してしまえば、厨房設備を改めて用意することはありません。内装も自宅の雰囲気を流用して、わざわざお店らしく綺麗に整えるよりも、アットホーム感を売りにした方が良いでしょう。

注意したい点は、自宅が住宅街にある場合は、煙や声が近隣の迷惑にならないようにすることです。

特に串焼き店となると煙が発生しやすく、お酒を飲んで陽気に声をあげてしまう方もいることでしょう。換気システムはしっかりと考え、声が漏れても周辺に届きにくい場所を考慮しましょう。

広々タイプとカウンタータイプを使い分ける

予算をしっかりかけて十分な店舗スペースを確保できる場合は、空間を広々と使って個室も用意すると良いでしょう。席同士が密着しすぎているとくつろげません。席同士の感覚をよくとって、仕切りを設置するのも効果的です。

お一人、お二人といった少数の常連さんをメインにしたい場合は、カウンター席を中心にする方法もあります。串焼きスペースを取り囲むように席を配置すれば、料理提供がしやすくコミュニケーションも取りやすいです。

ただ、この場合もカウンター席同士の感覚はやや広めに開けておいた方が、くつろぎやすいでしょう。

どちらのタイプにしても、隠れ家的な店の場合は、席数の確保より席同士の感覚に注意しましょう。窮屈感を与えない空間作りが大切です。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ