串焼き店の内装工事をする際のチェックポイント

串焼き店は比較的小さなスペースで開業でき、また技術的にも難しくないということもあり、脱サラ飲食店デビューとして人気のスタイルです。

しかし開業の敷居が低いとはいえ、営業を軌道に乗せるには十分な計画が求められ、内装工事も見落としなくしっかり行わなくてはいけません。

串焼きスペースは店内の奥か手前か

開きたい串焼き店のスタイルに合わせて、串焼きスペースは店内奥のダイニングスタイルか、または店内手前の入口スタイルのどちらにするかを工事段階でしっかり打ち合わせしましょう。

ダイニングスタイルは店内の中心部に串焼き部を確保するので、スペースを最小限に抑えやすいです。焼いた料理をそのままカウンター席に提供できるので、配膳も容易です。

店内手前に串焼き部を設置すると入口近くにスペースを確保しなくてはいけませんし、席への配膳が少々難しくなってしまいますが、お持ち帰りに対応しやすく、煙を外に逃がしやすいメリットがあります。香りも外に届きやすいため、集客率にも影響します。

どちらのタイプが良いか、内装工事を注文する際によく考えましょう。

イメージは食事系か居酒屋系か

串焼き店でも食事をメインにするか、お酒をメインにするかによって雰囲気が大きく異なります。どんなお客様を招きたいかを考えて内装を注文しましょう。

食事系のお店はやや広々とさせ、ファミリーやフレンド層に対応しやすくします。店内デザインも落ち着いた雰囲気が良く、お酒のイメージを強めないようにします。お酒のイメージが強いと料理目当ての方は敬遠してしまいます。

居酒屋系のお店は、お酒を飲む大人がターゲットです。腰を落ち着かせて長居するお客が多いため、スペースはそこまで余裕を持たせる必要はありません。ただ常連客と新規客の両方がくつろいで楽しめるよう、カウンター席とテーブル席の両方は用意しておくとよいでしょう。

高級志向の串焼き店にする場合は、接客スペースを大きく確保して、個室等を用意しましょう。

排気や冷房システムなど設備注文も十分に

串焼きがメインなので厨房設備を大々的に用意する必要はありませんが、お店の看板料理となる串焼き設備にはしっかりこだわりましょう。

串焼きといっても、ガスや炭など焼く方法はいくつもあります。油汚れの掃除や煙を極力避けたく、また設備も低予算で抑えたい場合は電気グリルが人気です。こだわりの炭火串焼きにこだわるも良いですし、店内スペースや予算を考え、適切な設備を注文しましょう。

また串焼きは大量の煙が発生しますので、排気システムが十分でないと店内に煙が充満して食事がしにくくなってしまいます。良い香りは残しつつも、不快となる煙は排出できるようにしましょう。

小さいスペース内で焼き調理をしていると、熱がこもり利用客の居心地が悪くなるのはもちろん、調理側も体力が奪われ危険です。冷房システムもしっかり考えておきましょう。

開業資金の融資・リースを受けたい方へ
⇒ 開業資金のご融資支援サービスはこちら

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

見積り提出からデザイン提案まで、すべて無料でご利用いただけます。当サイトが間に入っていますので、業者さんからしつこく営業される心配もありません。

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ