居酒屋の内装に使える家具の選び方

店舗に用いるインテリアは、お店の雰囲気を演出する上で重要になり、機能性についてもこだわりを持って選びたい所で、居酒屋内装に使える家具の選び方や使い方などについてご紹介します。

内装とインテリアを一緒に考える

まず居酒屋で使える家具の選び方としてポイントになるのは、装飾と共にインテリアも含め、一緒に考える事が挙げられます。

これはお店の工事とは別に、ご自身でインテリアを選ぶ際に陥りがちなのですが、お店の雰囲気にそぐわないインテリア選びをする事が往々にしてあります。

飲食店については、業界全体でブラッシュアップされていく中では、お店の雰囲気が良くて統一感が感じられる事は、高級店ならずとも庶民的なお店でも必須の要件とされます。

ただ実際にインテリア選びをする際には、ご自身のセンスについていささか不安を感じる事があります。

そのためインテリア選びと共に使い方について考える場合は、あらかじめ工事を行う業者や設計事務所にアドバイスを求めたり、おすすめのインテリアを紹介してもらうと良いでしょう。

スペースに合わせて選ぶ

続いて居酒屋内装に使える家具の選び方としてポイントになるのは、店舗内のスペースに合わせて選ぶ事が挙げられます。

物件はそれぞれでスペースに大きな違いがあり、カウンターしか備えていない小型の店舗もあれば、多くの個室や宴会用の大部屋を備える大型店もあります。

ある程度の容積がある場合は、インテリアについてもやや大きめサイズを選び、ゆったりくつろげる環境を作ると良いでしょう。

またその一方で狭小な店舗の場合は、テーブルや椅子のサイズと店内の動線の確保について、しっかりとレイアウトを描かなければなりません。

狭小店でのインテリアの使い方としては、単に小さなテーブルを設置するのではなく、例えばお客さんの荷物は座席の下に収納できるよう荷物置き場を造るなど、狭いけど快適に使うための工夫を凝らす事が重要です。

テーブルと椅子のバランス

続いて居酒屋内装に使える家具の選び方を考えた時に、テーブルと椅子のバランスについても重要とされます。

飲食店では椅子に座りテーブルの上に料理が並びますが、双方の高さが身体に合っていないと食事がしにくく、リラックスすることができません。

特にカウンター席や掘りごたつ座敷などは造り付けになりますのでテーブルと椅子のセットを購入しないことも多く、双方の高さのバランスを崩しやすくなりますので、バランスについては事前に細かいチェックが必要です。

またインテリアの使い方として、実際に座る中で必要に応じて座椅子を用意するなど快適に座るためのアイテムの導入も考えましょう。

開業資金の融資・リースを受けたい方へ
⇒ 開業資金のご融資支援サービスはこちら

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

見積り提出からデザイン提案まで、すべて無料でご利用いただけます。当サイトが間に入っていますので、業者さんからしつこく営業される心配もありません。

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ