イタリアンの内装工事費用で妥当な坪単価

イタリアンのお店など飲食店を開業するにあたり、内装工事費用がいくらになるか気に掛かる所ですが、どれ位の金額であれば妥当な坪単価になるのでしょうか。

工事費用で妥当な坪単価とは

まずイタリアンのお店などを含む、レストラン形式の飲食店の開業に必要な内装工事費用については、一般的に30~50万円程度が妥当な坪単価として挙げられます。

ただこの坪単価については、店舗の規模により大きく変わる事があります。

例えば10坪から15坪のお店に容量が増えた場合は、お金が掛かる設備を拡張する必要が無く客席数が増えるだけですので、単価については同額程度です。

ただそれよりも大きい規模の店舗になると、設備を大きく拡充する必要がありますので、厨房機器などはお金が掛かりやすく工事の単価も大きく増す事になるのです。

ただこうした設備についてはリースを利用したり、中古の機器を揃えるなどの対策で費用を抑える事は可能であり、予算に合わせて工事の単価を低くすることができます。

バルのケースについて

続いて同じイタリアンのお店でも、いま流行りのバルについては、一般的な所で30~50万円程度が妥当な単価として挙げられます。

レストラン形式と比較した場合に単価は同じに見えますが、バルの場合は店舗の規模が小さいケースが多くなりますので、一般的な費用よりも安くなる案件が多く見受けられます。

またバルではカウンター席が設けられている事がほとんどですが、このカウンターもまた建材のランクにより安くも高くもなる部分ですので、予算に応じて建材を選んだり、通常のカウンターより小さくするなどすれば単価を落とす事に繋がります。

費用の内訳について

続いて内装工事費用の内訳についてですが、イタリアンなどの飲食店では厨房工事に振り向ける費用が大きくなる事が特徴として挙げられます。

内装工事費用全体から見た時に、およそ20~40%程の割合が厨房の工事に振り向けられますので、ここをどのように低く抑えるかが単価を抑える事にも繋がるのです。

厨房の設備については先にご紹介したように、リースや中古品を使うのでも良いのですが、元より居抜き物件に入居するのであればこの部分の費用を大きく削減することができます。

設備で削減できればその分だけ節約できますし、また浮いた分を客席のインテリアや外観のレベルを上げるのに使う事もできますので、特に初期投資を減らしたい場合は居抜き物件の利用がおすすめです。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ