小額で飲食店の内装をデザインするコツ

飲食店内装は店の雰囲気を大きく左右するため、開店後に営業を軌道に乗せられるかどうかを決める重要な要素となります。

しかし、だからといって高額の内装なら繁盛するとは限りませんし、予算の都合で可能な限り少額に抑えたいと思うこともあるでしょう。

希望の雰囲気を実現しつつも、少額で内装をデザインするためのコツを身に付けておきましょう。

改装工事が少なくて済む物件を探す

内装のデザインにどれくらいお金がかかるかは、まず物件選びで大きく決定します。

例えば、ラーメン屋さんの跡地にラーメン屋さんを開くとしましょう。基本設備やレイアウト、デザインはそのまま流用できるので、改めて改装する箇所が少なくなり、その分予算も削ることができます。

逆にコンビニや洋服店のような飲食に関係ないスペースにラーメン屋を開くとなれば、用意するものが多くて内装費用も高額となってしまいます。

前が飲食店という物件は、飲食店を少額で開くには都合のよい場所ですが、同じ飲食店でも雰囲気ががらりと変える必要があれば内装にもお金がかかってしまいます。

好立地であることは当然の条件ですが、物件選びの際は内装デザインの前の段階で、どれだけ自分のイメージに近い内装の物件であるかも考えましょう。

内装工事業者は複数に見積もりして比較を

内装の工事費は坪単価で決定しますが、どの内装工事業者であっても同じ金額ではありません。各業者によって見積もりは異なりますので、複数の業者に連絡して、どこが一番自分に合う内装デザインを手掛けることができ、なおかつ少額であるかを検討しましょう。

業者が決定しても、必ずしも見積額そのままで工事に進まなければいけないということもありません。なるべく少額で済ませたいことを業者に伝えましょう。相手はプロですから、機能を落とさず維持しながらもアイデアを駆使してコストを下げてくれます。

もちろん、常識を超えたコストダウンをお願いすれば機能が落とされる心配もありますから、少額にこだわりすぎてもいけません。

自分で内装デザインをするのは果たしてお得か

ご自分に内装デザインができれば業者にお願いする必要はありませんから、これが一番少額に抑える方法でしょう。ただし厨房のような調理設備は素人が扱うわけにはいきません。部分的に業者にお願いして、自分でできる部分を自己負担して内装費用を削りましょう。

とはいえ、よっぽど自身が無い限りはすべてをプロにお任せした方が無難です。失敗を繰り返しては結局費用が嵩んで時間もかかってしまいますし、完成しても雰囲気がイマイチだと営業にも都合が悪くなります。

内装はセンスが問われます。センスに自信がなければ、プロに任せた方が結果的に損せずにすみます。

開業資金の融資・リースを受けたい方へ
⇒ 開業資金のご融資支援サービスはこちら

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

見積り提出からデザイン提案まで、すべて無料でご利用いただけます。当サイトが間に入っていますので、業者さんからしつこく営業される心配もありません。

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ