自宅を内装工事して飲食店にするメリットとデメリット

最近流行の自宅カフェ。自宅を改装してこぢんまりとしたカフェをオープンすると言うのは、お料理やハンドメイドが好きな主婦のちょっとした憧れです。実際に自宅カフェをオープンしようと勉強している方も多いです。

自宅カフェとは、その名の通り自宅を利用したカフェの事なので、当然の事ながらまずは自宅を内装工事をする必要がありますが、ここで躓いてしまう人が意外と多いのです。

それと言うのも、飲食店を経営するにあたり、キッチンなどに保健所からの規定が設けられているからです。

例えば、飲食店スペースのキッチンと住居スペースのキッチンは共用とする事が出来ません。衛生上の理由から、必ず飲食店用のキッチンと、住居用のキッチンを分ける必要があるのです。

しかし今まで使用していたキッチンをそのまま使えば良い、と考えている方は意外と多く、この時点で行き詰まってしまう事も少なくありません。

自宅カフェをオープンする場合、飲食店として割けるスペースはそれほど多くありません。そこから更に新しくキッチンのスペースを確保しなければならないと言う制約は、とても厳しいものです。

また何とかスペースが確保出来たとしても、キッチン部分の床は排水口をつけて水を流して洗える仕様にしなければならない、シンクが2つ以上なければならない、キッチンとホールは扉で隔てられていなければならない、などの条件も充たさなければなりません。

このような内装工事を行う手間と費用をかけてでも自宅カフェをオープンするメリットは、勿論あります。それはズバリ、家賃がかからない事です。

通常、テナントを借りて飲食店をオープンする場合は、家賃や内装工事などで数百万から1000万の費用がかかります。

しかし自宅を改装する事でコストをおさえ、月々の家賃をゼロにする事が出来るのは、非常に大きなメリットです。勿論デメリットもありますが、それにより閉店しなければならなくなったとしても、生活が困窮するほどの事態になる事は少ないです。

また、自宅カフェはそれほど規模が大きくない事が大半なので、人件費もあまりかかりません。調理から接客まで全て1人で行っていると言う人も居ますし、忙しい時は家族に手伝ってもらう事も出来ます。

勿論、家族であってもある程度のバイト代を渡す事を事前に話しておかなければ、理解は得られないかも知れませんが。ある意味、自宅カフェをオープンする上で一番重要なのは家族からの理解なのですから。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ