坪単価からみる飲食店内装で知っておきたい事

飲食店の内装工事で費用について見るときに、坪単価は総額を知る上で一つの目安になるのですが、単価からみる飲食店内装の金額で知っておきたい事がいくつかあります。

坪単価で知っておきたい事

まず坪単価とは、飲食店内装工事を行う際の総額を1坪当たりに換算した金額の事を指しています。

工事を行う店舗の工事費用を延べ床面積(坪)で割る事で算出し、1坪はおよそ3.3m2になりますので、物件の面積に掛け合わせることで、おおよその目安として金額を参考にすることができます。

この単価について、まず始めに知っておきたい事として挙げられるのは、飲食店内装工事は他の業種と比較をすると費用が高くなる傾向がある点です。

飲食店では室内装飾に凝ると共に厨房や客席からトイレなどを設置し、設備としては給排水・ガス・電気・排気などと行うべき工事が多くあります。

特に電気やガスなどは、規模や業態により追加で工事を行なう必要が生じる場合もあり、このあたりの設備工事費が高くなる傾向があるのです。

ただこのあたりは飲食店の種類によっては費用に違いが生じる事があり、軽飲食では費用が安くなるものの、重飲食では追加で掛かる費用が大きくなる場合があります。

軽飲食とは、カフェなど調理の設備が限られ煙などが生じにくい店舗を指しており、その一方で重飲食は、焼肉店や居酒屋など調理器具が多く煙も多く発生するタイプの店舗になるのです。

一般的に飲食店の単価はおよそ30~50万円程が相場とされますが、店舗の種類や設備の違いにより単価は大きく左右されます。

立地や客層と坪単価の関係

またあまり知られていない所で、どの場所で店舗を開くか立地の要素や、ターゲットとする客層などの要素によっても単価には少なからぬ違いが生じます。

まず立地についてですが、同じ工事を行うのでも繁華街での工事と郊外の店舗では費用に違いが出てきます。

続いてターゲットとなる客層についてですが、例えば居酒屋のように大衆向けの店舗の場合は、それほど高価な建材を使う事がなく単価を抑えることができます。

その一方でフランス料理のレストランなどは、比較的に裕福なターゲット層にサービスを提供する事になりますので、雰囲気を出すためにも内装の手を抜く訳にもいかず、クロスや扉一つとっても質の良い建材を選びます。

高級店では、工事の総額が上がると共に単価もまた高額になりやすく、このあたりもまた飲食店内装の知っておきたい事情として挙げられます。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

まずは、無料で、飲食店(店舗)内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくりと内装工事について考えてください。

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・サイト利用者の声・運営会社

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ