美容室・サロンの内装工事費用と坪単価

※当サイトの名前は飲食店内装工事見積り比較.comですが、美容室・サロンの内装工事も、専門サイト以上にたくさん行っています。

⇒ 美容室・サロンの施工例はこちら

美容室・サロンを開業する時に、やはり気になるのは、「お店を作るのに、いくらぐらい費用がかかるのか?」ということではないでしょうか?

結論から言えば、新装か改装かによって、美容室・サロンの内装工事費用と坪単価は全く変わってきます。

美容室・サロンの「新装」の場合

20坪くらいの美容室・サロンの新装の場合、内装工事費用の目安は、1坪30万円~40万円(機器は別途)です。このうちの半額くらいが、電気・ガス・水道・空調・給排気などの設備工事に費やされます。

美容室・サロンの新装の坪単価
1坪30万円~40万円(機器は別途)

また、物件の規模(大きさ)によっても、内装工事費用が変わってきます。

例えば、5坪の店と20坪の店を比較しても、最低限必要な設備工事はほとんど変わらないため、20坪の店より5坪の店の方が坪単価としては高くなります。

逆に、50坪のように大きな店でも、必要な設備工事はあまり変わらないため、20坪の店より50坪の店の方が坪単価は下がります。つまり・・・

坪数坪単価の目安
5坪の店平均的な坪単価より高くなる
20坪の店平均的な坪単価
50坪の店平均的な坪単価より安くなる

また、内装工事費用とは別にかかる費用として、シャンプー椅子・シャンプーボウル・セット用の椅子・パーマ器具・エステ機器などの美容機器がありますが、これは業種や選ぶグレードによって全く価格が違いますので、事前にインターネットなどで相場を調べて予算を組んでおきましょう。

美容室・サロンの「改装」の場合

美容室・サロンの改装の場合は、元々の設備があることが前提になります。元々の設備に手を加えなければ、20坪くらいの美容室・サロンなら、1坪15万円~30万円(機器は別途)で工事できます。

美容室・サロンの改装の坪単価
1坪15万円~30万円(機器は別途)

ただし、シャンプーやトイレなどの水回りの位置を変更すると、新装の内装工事費用と変わらなくなります。水回りは、それ用に配管がしてあり、新たに設置すると費用がかかるためです。

ですから、もし改装や居抜きでコストダウンを図るつもりなら、元々あった配置を活かす方向で考えましょう。

居抜きがスケルトンより安くなるのは事実ですが、それは元々あった設備を活かすからであって、設備を変えるのであれば、新装の内装工事費用とあまり変わらなくなってしまいます。

美容室・サロンの設備工事の重要性

美容室・サロンの内装工事において、電気・ガス・水道・空調・給排気などの設備工事には大きな費用がかかるため注意が必要です。

美容室はコンセントの数が多く、電気を使う機器も多いため、電気容量が足りないケースもけっこう出てきます。電気容量が足りなければ、幹線工事が必要になりますので、工事費用がかさんでしまいます。

物件の設備容量は不動産屋や大家さんに聞けば分かりますので、予めきちんと把握しておくことが肝心です。

建築図面があれば内装業者は判断できますので、できれば不動産屋のチラシのような平面略図ではなく、不動産屋に頼んで正式な図面を手に入れてください。

居抜きを改装する場合、前のテナントが美容室・サロンをやっていれば、だいたいの設備はそのまま使えるだろうという予測はできます。

ただし、最近は事務所だとテナントが入らないので、事務所仕様の物件を美容室・サロンで募集しているところも多いです。事務所仕様の物件だと電気容量が足りず、余計に費用がかかるケースもありますので注意しましょう。

20坪くらいの美容室なら、基本的には15~20キロワット・60~75アンペアあれば大丈夫です。

どこまで予算に合わせてくれるか?

自分が提示した予算内で、内装業者が工事計画を組んでくれるかも気になるところです。

常識の範囲内で、よほど無謀な予算を提示しない限りは、ほとんどの内装業者が予算に応じた見積りを組んでくれますので、これについては心配することはありません。

そのためには、見栄をはらずに正直に、内装業者に対して希望の金額を伝えましょう。

内装工事は契約に基づく商売ですが、どんな商売でも人と人とのつながりが基本にあることは変わりません。真摯な態度で信頼関係を築くことが大切です。

ローンは組めるのか?

ほとんどの内装工事はローンを組めませんので、現金払いが基本になります。

工事の見積りによって、日本政策金融公庫や銀行などの金融機関から融資を受けるのが一般的です。融資が決裁された時点で契約し、内装業者の口座に現金を振り込む形になります。

着手前に3分の1を支払い、中間で3分の1を支払い、完了後に3分の1を支払う場合が一般的です。工事の着手前に半額の着手金を支払い、工事完了後に残り半額を支払う場合もあります。

また、美容機器に関してはリースもありますので、予算が足りない場合にはリースを活用する方法もあります。

美容機器のリースには審査がありますが、ほとんどの内装業者が仲介手続きをしてくれますので、必要な場合は相談してみましょう。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

内装工事の見積りから、デザイン提案まで、すべて無料で利用できます。当サイトが間に入りますので、業者さんから営業される心配もありません。

まずは、無料で、飲食店(店舗)の内装工事の「見積り申込み・資料請求」をしてください!それから、じっくり内装工事について考えてください。

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り・提案します。(現地調査も無料です)

あなたとスタッフの皆様が、満足できるお店が完成することを心より願っております。

飲食店(店舗)内装工事見積り比較

内装工事の施工例・お客様の声・運営会社・更新情報

サイト運営者

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ